東日本大震災からもうすぐ1年。県立図書館で「東北3県の歴史にふれる」


県内に住む、東北の被災地3県(岩手県・宮城県・福島県)出身の方やこの地域に関心のある方のために、県立図書館では特別展示「東北3県の歴史にふれる」を開催中。
被災地の震災前の歴史がわかる市町村史本編や資(史)料編、神奈川県の被災地支援の取組み事例、県内公共図書館における東日本大震災の被災状況や防災対策が紹介されています。

東北3県 被災地の歴史に触れる

特別展示「東北3県の歴史にふれる」(神奈川県立図書館HPより)

展示内容

○被災地の歴史がわかる資料
1.東北3県の市町村史、誌の展示(本館1階閲覧室展示スペース)
県立図書館では、全国の国の地方自治体が編集刊行した市町村史本編や資(史)料編を積極的に収集しています。今回は、このコレクションの中から被災地3県118自治体の史・誌(630冊)をご覧いただけます。
*展示期間中は、資料の貸出利用ができません。

2.東北3県に関するDVDやビデオを上映・紹介(本館1階会議室)
*上映していないものについては、視聴覚資料室でご視聴できます。

○関連展示(パネル展示)
・神奈川県の被災地支援への取組みとして、県立公文書館で行った古文書などの修復事例を紹介。
・県内公共図書館における東日本大震災の被災状況や防災対策を写真などで紹介。

開催期間
平成24年2月10日(金)~3月31日(土)

展示会場
県立図書館 本館1階閲覧室展示スペース および 本館1階会議室
*ただし、本館1階会議室でのパネル展示および上映会は3月16日(金)まで

問い合わせ先
県立図書館 調査閲覧課
電話:045-263-5919

【情報源】
特別展示『東北3県の歴史にふれる』(神奈川県立図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/tenji1105.htm

この記事を印刷する