童謡「赤とんぼ」の記念碑が、作曲家 山田耕筰ゆかりの地、茅ヶ崎中央公園に完成-除幕式に市民ら約300人が参加しました


「赤とんぼ」記念碑の除幕式で、集まった市民ら約300人が山田耕筰作曲の歌曲を合唱した=20日、茅ヶ崎中央公園(MSN産経ニュースより)


童謡「赤とんぼ」は、作曲家山田耕筰が茅ヶ崎市に住んでいたときに作曲されました。

茅ヶ崎中央公園(茅ヶ崎市茅ヶ崎2-3-1)に設置された記念碑は、オルガン型で、高さ約2.3メートル。大正15(1926)年から約6年間、同市で暮らした山田耕筰が昭和2(1927)年に作曲した「赤とんぼ」の楽譜と自画像が金属製プレートに刻まれ、夕焼けやトンボを描いたタイルが張られたデザインになっています。

オーケストラ運営に失敗し、失意の中で移り住んだ山田耕筰の手記の一部が碑文に刻まれ、茅ケ崎の美しい自然の中で、創作意欲を取り戻していった様子も紹介されています。まもなく桜の開花の季節を迎える茅ヶ崎中央公園。園内の桜はまばらだそうですが、公園北側の沿道には桜並木があり見応えがあるそうですよ。

作曲家の山田耕筰(1886~1965年)が神奈川県茅ケ崎市で童謡「赤とんぼ」を作曲したことを伝える記念碑が茅ケ崎中央公園(同市茅ケ崎)に完成し、20日、除幕式が行われた。式には服部信明市長や記念碑建立のために活動した市民ら約300人が参加。記念碑の前で「赤とんぼ」など山田耕筰の手がけた歌曲を合唱し、記念碑の完成を祝った。

【情報源】
童謡「赤とんぼ」記念碑 山田耕筰ゆかりの茅ケ崎で完成 神奈川 – MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120320/kng12032021350002-n1.htm

▽リンク
童謡「赤とんぼ」の碑の除幕式を開催いたします|茅ヶ崎市公式ホームページ
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/bunka_rekishi/9835/025703.html

中央公園|茅ヶ崎市公式ホームページ
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/shisetsu/6970/006361.html

この記事を印刷する