絹発祥の地で、「かながわシルクフェア」春の装いに新作シルクはいかが?プロが似合う色をアドバイスするカラーコーディネート教室も-横浜市


「かながわシルクフェア」の様子(ヨコハマ経済新聞より)

シルクセンター国際貿易観光会館 地下1階イベントスペースで、3月9日まで開催中の「かながわシルクフェア」。開催時間は10時~18時。入場無料です。

プロのカラリストが、似合う色や似合うスカーフやネクタイをアドバイスする「カラーコーディネート教室」は、一人15分の教室。友人同士、夫婦でもご参加できます。(要事前予約)

▽ご予約・お問い合わせ
社団法人神奈川観光協会 045-681-0007
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/silk-fair/main_002.html

シルクの新商品コーナーでは、神奈川県内の繊維関連の事業者が研究・開発している2011年から2012年の新作・新製品をご紹介します。

商品は、帽子の一部にスカーフを取り入れた「ハンチング」(発売元:飯野)、ふくれ織りで素材の特徴を生かしたロングストール「アニマル太陽」(発売元:飯野)、手軽に巻くことができる柄とサイズに仕上げた綾織物「シルクアヤペーズリーロングスカーフ」(発売元:モトカワ)など。実物を手にとって、ご覧いただけます。

シルクセンター国際貿易観光会館(横浜市中区山下町1)で3月2日より、「かながわシルクフェア2012」が開催される。

同フェアでは、神奈川県の伝統産業であるシルク製品を中心とした繊維製品の紹介を通して、シルク産業の活性化を図る。主催は、県内繊維業界団体4団体(神奈川県繊維協会、横浜繊維振興会、繊維産業会、横浜織物商組合)、シルクセンター国際貿易観光会館、神奈川県、神奈川県観光協会で構成される「かながわシルクフェア実行委員会」。今年で4回目を迎える。

【情報源】
絹発祥の地で「かながわシルクフェア」-スカーフ教室、組みひも体験も – ヨコハマ経済新聞
http://www.hamakei.com/headline/6783/

▽リンク
かながわシルクフェア2012サイト
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/silk-fair/index.html

この記事を印刷する