【神奈川キーワード】「かながわスマートエネルギー構想」とは?


2011年11月24日開催「緊急開催!黒岩知事との対話の広場」~かながわスマートエネルギー構想の実現に向けて~の記録映像をUSTREAMで見ることができます。

かながわスマートエネルギー構想とは、可能な限り原子力エネルギーへの依存を低減するとともに、再生可能エネルギーへの大胆なシフトを行い、かながわ発のエネルギー革命を実現するため、太陽光発電を大規模に普及させ、神奈川県が全国に先駆けて次世代エネルギーモデルを構築する、神奈川県の取組みです。

県では、全庁を挙げて事業を推進するため、知事を本部長、両副知事を副本部長とした部局横断的な「ソーラープロジェクト推進本部」を設置しています。

推進本部には、次の3つのワーキンググループを設け、必要に応じて詳細検討を行うことができるようにしています。

・普及促進方策:基本的な普及促進方策を検討
・県有施設等導入方策:県有施設への導入を検討
・産業・雇用創出:パネル設置を通じた産業振興等を検討

推進本部に報告や提言を行うのは学識経験者や国の職員、関係事業者による「かながわソーラープロジェクト研究会」。

この研究会は、かながわソーラープロジェクトの中心でもある「ソーラーバンク構想」の実現や公共施設への太陽光発電の設置、さらにはメガソーラー発電施設の設置に関する具体的政策手法などを検討しています。

研究会のメンバーや開催予定、これまでの開催結果等は懇話会・協議会等の概要のページで。

<関連リンク>
かながわソーラープロジェクト(神奈川県ホームページ)
「緊急開催!黒岩知事との対話の広場」~かながわスマートエネルギー構想の実現に向けて~(神奈川県ホームページ)

この記事を印刷する