【神奈川キーワード】「片浦レモン」とは?


片浦レモン部会の皆さん

片浦レモンとは小田原片浦地域の農家さん達が「片浦レモン研究会」を組織し、すでに30年以上にわたってお互いのノウハウを共有しながら、丹精込めて栽培され続けている国産レモンです。

昭和52年のオレンジの自由化に伴いレモンの輸入が解禁され、外国から農薬が多く使用されたレモン輸入され始めたことをきっかけに消費者からの「安心・安全な国産レモン」の要望に応えるべく片浦レモンは生まれました。

収穫期をはずして年に一度しか農薬を散布しない、ノ-ワックス・防カビ剤不使用の片浦レモンは、知る人ぞ知る貴重なレモンです。収穫時期は11月~5月はじめまで。片浦レモンの知名度向上と農家支援を目的としたご当地サイダー「片浦レモンサイダー」が2011年4月に発売された。

▽リンク
小田原柑橘倶楽部 片浦みかん 片浦レモンサイダー-TOP 片浦レモンサイダー
http://kataura-mikan.ninomiya.or.jp/lemoncider/

【関連記事】
片浦地区のレモンを使ったご当地サイダーで農家を応援し、地域活性化へつなげたい- 鈴木伸幸さん かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/13450

この記事を印刷する