【神奈川キーワード】箱根寄木細工とは?


箱根寄木細工

箱根寄木細工は、桂神代(じんだい)、水木(みずき)、苦木(にがき)、朴の木(ほおのき)、楠(くすのき)、欅(けやき)、など様々な樹木の自然の色を生かして精緻な幾何学模様を作成し、小箱等の製品に利用した伝統的な木工芸品です。

この技術・技法は、江戸時代末期に箱根町畑宿に住む石川仁兵衛により生み出され、伝統的な模様を受け継ぎながらも、時代やライフスタイルに合わせて変化を遂げ、発展しています。

箱根細工には「挽物」(ひきもの)と「指物」(さしもの)のがあり、「挽物」はろくろを使用して作られる品物で、盆、椀、丸膳などがあります。また、明治以後は多くの玩具類も製作されています。「指物」は主に箱類で、そ表面を「寄木細工」や「象嵌(ぞうがん)細工」で装飾します。

箱根寄木細工は1984年5月に国の伝統的工芸品として通商産業大臣の指定を受けており、工芸品を扱う土産物店などで販売されています。また、緻密で芸術性にすぐれた木工製品として海外でも高い評価を受けています。

【参考ページ】
寄木細工の歴史 – 箱根寄木細工専門店 箱根丸山物産ホームページ
http://www.hakonemaruyama.co.jp/about_yosegi.htm

【関連記事】
結成6年目の快挙!パリの国際見本市へ初出品-箱根寄木細工若手職人グループ「雑木囃子」代表 露木清高さん かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/22108

【動画】若手職人 露木清高さんが、進化し続ける箱根寄木細工の”今”を語ります かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/23802

この記事を印刷する