秦野市の地産素材を使った「はだのドーナツ」はいかが?新たに商品化、6月から販売開始予定


「らっかせい」「いちご」「さくら」の3種類が楽しめる「はだのドーナツ」

ドーナツに生地に用いられている小麦はもちろん、落花生やイチゴ、桜といったトッピングも秦野産だそうですよ。

開発したのは秦野市や商工会議所、菓子組合、農協などのメンバーから成る「はだのブランド推進協議会」の開発部会。昨年9月から試行錯誤を重ね、商品のコンセプトや使用素材はもちろん、ネーミングや価格などを話し合ってきたとのこと。お土産を想定して日持ちする焼きドーナツにし、食べやすいようスティックもついています。

 高付加価値のあるブランド品の創出に取組むはだのブランド推進協議会が地場食材を使った「はだのドーナツ」を開発。6月から販売を開始する。

【情報源】
ブランド推進協議会 地場食材で「はだのドーナツ」 市内菓子店で6月発売(タウンニュース鎌倉版)
http://www.townnews.co.jp/0610/2012/04/26/143179.html

この記事を印刷する