【かなマグの2013年4月以降のコンテンツについて】


2013年3月現在、かなマグは「地域を魅力的にするアクションを実践する人」に焦点を当てたメーンコンテンツ「ヘッドラインニュース」のほか、県内のさまざまなニュースを日々紹介する記事「かながわタイムライン」、市民がYoutubeなどに投稿している神奈川関連の動画をピックアップしている「HappyMovieかながわ」で構成されています。

さらに、それぞれの記事は、twitterやfacebookなどのSNSで更新情報をお届けしています。

これらのラインナップのうち、ヘッドラインニュースについては今後,毎月1回程度の更新、かながわタイムライン・HappyMovieかながわは不定期更新に変更いたします。また、SNSについては原則としてウェブサイト連動での自動更新のみとなり、オリジナル記事作成は休止といたします。

新体制での発信の在り方につきましては、随時「お知らせ」のページにてみなさまに報告していきます。

2013年3月
NPO法人 横浜コミュニティデザイン・ラボ

この記事を印刷する

「かなマグ.net」の事業体制変更について


▽【NPO法人の独自運営へ】
日頃から、神奈川の個性と魅力を発信するウェブサイト「かなマグ.net」(通称・かなマグ)を閲覧いただき、ありがとうございます。

2011年6月に開設され、これまで神奈川の魅力をつくる「人」の思い、地域のさまざまな「今」の動きを紹介している「かなマグ」の体制が2013年4月1日から変わります。

2011・12年度の2カ年にわたり、「かなマグ」は神奈川県広報課と「NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ」(以下ラボ、横浜市中区相生町)の協働事業「かながわの個性と魅力PR事業」の一環として運営されてきました。

2013年3月末をもって「県×NPO法人」という現在の枠組みでの協働事業体制は終了し、「かなマグ」はラボ単独の民間事業に移行します。
運営に必要な人や資金などさまざまなリソースをラボ独自で調達し、より多くの神奈川県民・法人のかたたちとともに「かながわの魅力」を発信する体制を目指します。

体制は変更となりますが、「かなマグ」のコンセプト「アクションしている『ひと』を通して、神奈川の個性と魅力を発信します」は変わることなく、今後も「原点」として共有していきます。

この2年間、閲覧いただきありがとうございました。

【神奈川県と「かなマグ」の関わりについて】

神奈川県は、「かながわの個性と魅力を育て発見・発信する」というコンセプトを実現するため、今後も、「かなマグ」と情報交換を行うなど、引き続き、協力をしていきます。

2013年3月
神奈川県広報課
NPO法人 横浜コミュニティデザイン・ラボ

この記事を印刷する

わがまちCMコンテスト映像制作講座開催


「わがまちCMコンテスト」は、関東総合通信局が平成23年度地域連携事業として、関東ICT推進NPO連絡協議会との共催により、住民自らがディレクターとなり、CMを制作する過程において、地域のすばらしさを再発見することで、住民と共にまちづくりを考えながら、ICTを利活用して地域の良さを内外に発信しようとする事業です。

3回目となる今年のコンテストは、昨年に引き続き、30秒の映像作品と20秒の音声作品を募集しています。

応募作品については、各地域でのまちづくりに役立てていただくため「かなマグ.net」でも紹介させていただく予定です。

今回、神奈川県広報課とNPOの協働プロジェクト「かながわの個性と魅力PR事業」では、多くの県民の皆さんに、自分たちが住み・暮らすまちの映像を制作するための技術を学ぶことができる「わがまちCMコンテスト映像制作講座」を開催する予定です。

講座の実施概要は、近日中に発表する予定です。

「わがまちCMコンテスト」についての詳細はこちらで。(総務省 関東総合通信局:関東ICT推進NPO連絡協議会)

この記事を印刷する

あなたも「かなマグキュレーター」になってみませんか?


「かなマグ.net」のコーナー「かながわタイムライン」は、県内のさまざまな団体、個人、メディアがインターネットで発信している「ステキな情報」を紹介しています。

自分が住んでいる地域や、関心があるテーマで、神奈川の個性や魅力を紹介していきたいという方、編集部までご連絡下さい。

「かなマグ.net」編集部 kanamagアットyokohamalab.jp (アットを@にかえて下さい)

この記事を印刷する