伝統的な民族舞踊と民俗楽器サズなどの演奏を楽しめる「日本・アゼルバイジャン交流コンサート」をハーモニーホール座間で開催します。


「日本・アゼルバイジャン交流コンサート」のチラシ

「日本・アゼルバイジャン交流コンサート」のチラシ


座間市・東地区文化センターは、4月5日(金)「日本・アゼルバイジャン交流コンサート」をハーモニーホール座間で開催します。時間は18時から20時(開場17時)。対象は小学生以上。定員250人。入場無料(要整理券、当日東日本復興支援の募金を行います)。

琴とフルートの合奏、琵琶の語り、アゼルバイジャンの民俗楽器サズとピアノの演奏、伝統的な民族舞踊をお楽しみ頂けるコンサートです。現在、東地区文化センターにて、整理券を配布しておりますので、希望者はお問い合わせ下さい。【電話】046-253-0781まで。

【引用元】
日本・アゼルバイジャン交流コンサート~伝統音楽&舞踊~(座間市) 
https://www.city.zama.kanagawa.jp/www/contents/1203048761271/index.html

この記事を印刷する

座間市と座間市子育て支援ネットワークは、ハーモニーホール座間(市民文化会館)にて「第13回 ざま子育てフェスティバル」を開催します。


「ざま子育てフェスティバル」のチラシ(座間市 ホームページより)

「ざま子育てフェスティバル」のチラシ(座間市 ホームページより)


座間市と座間市子育て支援ネットワークは1月31日(木)、ハーモニーホール座間(市民文化会館)にて「第13回 ざま子育てフェスティバル」を開催します。時間は10時から15時。入場無料。

会場にはご当地ゆるキャラのざまりんも登場! 一緒に写真を撮れるほか、みんなで「アンパンマン体操」を行ったり、工作や大型つみき、魚つりなどをして遊ぶことも。また壊れたおもちゃを修理してくれる「出張おもちゃ病院」も出店します。寒い季節、なかなか他の親子と触れ合う機会がないという方は是非、ご来場下さい。

【引用元】
遊びにきてね!! 第13回ざま子育てフェスティバルを開催(座間市)
http://www.city.zama.kanagawa.jp/www/contents/1292378516683/index.html

この記事を印刷する

「特命戦隊ゴーバスターズ」もやってくる!「座間市民ふるさとまつり」をハーモニーホール座間、市役所ふれあい広場、座間中学校で開催します。


第26回座間市民ふるさとまつりの模様(座間市 ホームページより)

第26回座間市民ふるさとまつりの模様(座間市 ホームページより)


座間市は11月4日(日)、座間中学校、市役所ふれあい広場、ハーモニーホール座間の3会場で「第27回座間市民ふるさとまつり」を開催します。時間は9時から15時。

ハーモニーホール座間では、ダンスコンテストや地元高校生グループのバンド演奏。市役所ふれあい広場ステージでは、かわいいキッズフラダンスや鳴子踊り。座間中学校では、和太鼓演奏やお神輿のほか、子どもに大人気のテレビ朝日「特命戦隊ゴーバスターズ」(11時10分〜、13時30分〜)のショーなどが行われます。終了後に握手会もあるので、是非、親子でご来場下さい。

【引用元】
第27回座間市民ふるさとまつり(座間市)
http://www.city.zama.kanagawa.jp/www/contents/1223614958755/index.html

【関連記事】
【動画】11/4「夢あふれる ふるさとのまち ZAMA!」座間市民ふるさとまつりが行われます。
http://kanamag.net/archives/50398

この記事を印刷する

無料で伝統芸能が観賞できるイベント「弦が奏でる」。ハーモニーホール座間で開催します。


伝統芸能「弦が奏でる」のちらし(座間市観光協会 ホームページより)

伝統芸能「弦が奏でる」のちらし(座間市観光協会 ホームページより)


座間市観光協会は11月3日(土)、ハーモニーホール座間で伝統芸能鑑賞の集い「弦が奏でる」を上演します。14:00開演(13:30会場/16:30終演予定)。入場無料。

座間市民ふるさとまつりの一環として開催する同公演は「守ろう 育てよう 明日に向かって」をテーマに実施。津軽三味線や三曲(箏、三弦、尺八)、沖縄の音楽と踊り(琉球舞踊)のパフォーマンスをたっぷり2時間30分観賞できます。無料で聴けるめったにないチャンスなので、伝統芸能で「芸術の秋」を堪能してみてはいかがでしょうか?

【引用元】
イベント情報(座間市観光協会)
http://www.zama-kankou.jp/

この記事を印刷する

座間市原水爆禁止協議会設立55周年および市核兵器廃絶平和都市宣言30周年記念式典で戦場カメラマンの渡部陽一氏が命の大切さをテーマに講演。


世界各地の戦場を取材してきた渡部さん(タウンニュース座間版ホームページより)

世界各地の戦場を取材してきた渡部さん(タウンニュース座間版ホームページより)

座間市と市原水爆禁止協議会は、同会の設立55周年と市核兵器廃絶平和都市宣言の30周年を記念し、8月18日「ハーモニーホール座間」で式典を開催します。当日は、戦場カメラマンでジャーナリストの渡部陽一さんを迎え、「戦場の現場から祈りを捧ぐ〜命の大切さ 互いを愛し、敬いあうこと〜」をテーマに講演して頂きます。入場は市内在住、在勤、在学者の小学生以上が対象となり、締切は7月31日。申し込み後、先着順に900名へ入場券が返信されます。

同会は、日本が唯一の被爆国として「ふたたび悲惨な犠牲者を出さない」ことを目的に、1957年設立。市民ぐるみの原水爆禁止運動や核廃絶を目指し、市内で映画やパネル、ポスターによる平和の啓発などを行っています。今回の式典では、渡部さんの講演に加え、平和や核兵器廃絶を願う標語作品の表彰式や栗原中学校吹奏楽部による平和コンサートも開催されます。午後12時30分開場、午後1時開演。入場無料。先着順なので、ご興味ある方はお早めにお申し込み下さい。

座間で平和を語る
 座間市と市原水爆禁止協議会(会長/遠藤三紀夫市長)は、同会の設立55周年と市核兵器廃絶平和都市宣言の30周年を記念し、8月18日(土)にハーモニーホール座間で式典を開催する。

【情報源】
座間で平和を語る(タウンニュース座間版)
http://www.townnews.co.jp/0403/2012/07/13/151470.html

▽リンク
座間市
http://www.city.zama.kanagawa.jp/

この記事を印刷する