花菜ガーデン(平塚市)は4月から、平塚市美術館、県立フラワーセンター大船植物園と入園料相互割引を始めます


花菜ガーデン(県ホームページより)

花菜ガーデン(県ホームページより)

県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」(平塚市)は、地元の平塚市美術館や、県立フラワーセンター大船植物園(鎌倉市)と連携して、4月1日(月)から入園料相互割引を始めます。

例えば、同美術館に入園後、花菜ガーデンで同美術館の観覧券を提示すると、花菜ガーデンの入園料が100円割引になります。詳しくは県ホームページをご覧ください。

4月に入ると「花菜ガーデン」では若葉が芽吹き、約30品種のハナモモや、三日月山の春の花々などが見ごろを迎えます。園のレストラン「キッチンHana」の春メニューも好評です。

同美術館から足を延ばして、また、同植物園とあわせて春の植物園巡りを楽しむなど、家族や友人と一緒に、割引制度を活用しませんか?

県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」では、より多くの県民の皆様にご来園いただくため、地元の平塚市美術館(以下、「市美術館」)や、鎌倉市内の県立フラワーセンター大船植物園(以下、「フラワーC」)と連携し、平成25年4月1日から入園料相互割引を開始することといたしました。

【引用元】花菜ガーデンと平塚市美術館/花菜ガーデンとフラワーセンター大船植物園が連携(神奈川県記者発表資料)

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p632656.html

▽県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」

http://www.kana-garden.com/

▽平塚市美術館

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/

▽県立フラワーセンター大船植物園

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f598/

この記事を印刷する

当時の生活様式も感じられる貴重なドールハウスを多数展示。「ミニチュア世界の扉を開く 魅惑のドールズハウス展」を平塚市美術館で開催中。


「魅惑のドールズハウス展」のちらし(平塚市美術館 ホームページより)

「魅惑のドールズハウス展」のちらし(平塚市美術館 ホームページより)


10月6日より「平塚市美術館」で「ミニチュア世界の扉を開く 魅惑のドールズハウス展」を開催しています。時間は9時30分〜17時(入場〜16時30分)。月曜定休。11月25日まで。観覧料は一般700円、高大生500円。

かつて英米の二大プライベート・コレクションであった、イギリスのヴィヴィアン・グリーン・コレクションとアメリカのモッツ・ミニチュア・コレクションの貴重なドールズハウスのほか、日本版ドールズハウスと言える、「御殿飾り」という建物が最上段にある珍しい尾張地方の雛飾りも展示しています。

当時の生活も感じられる欧米、日本のドールハウスを見比べてみてはいかがでしょうか?
10月13日、11月4日(各14時〜40分間)は同館学芸員によるギャラリートークも予定。

家の再現にあたっては厳密な時代考証がなされるため、そこでの暮らしを、人間が築いてきた豊かな営みの物語として、次世代に伝える文化財の役割も担っています。見て・学び・愉しみ・遊べる、魅惑のドールズハウスの数々を、ぜひこの展覧会でご覧ください。

【情報源】
ミニチュア世界の扉を開く 魅惑のドールズハウス展(平塚市美術館)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2012205.htm

この記事を印刷する

平塚市制80周年記念事業として「上村松園と鏑木清方展」を市美術館で開催。会期中は「学芸員によるギャラリートーク」などのワークショップも。


タウンニュース平塚版ホームページより

タウンニュース平塚版ホームページより

平塚市美術館は、市制80周年を記念事業として「上村松園と鏑木清方展」を9月2日まで開催しています。京都に生まれ、女性として初めての文化勲章を受賞した上村松園と、戦後、東京から鎌倉に移り住んだ神奈川ゆかりの画家である鏑木清方はどちらも近代日本画を代表する巨匠。松園は京の女性として、理想美を描き、清方は江戸情緒を回顧し、新たな時代の風俗や季節感を表したという相反する2人の巨匠の作品を一堂にめぐる展覧会は、全国的にも珍しく、県内初の試みとのこと。

両画家の作品を所蔵する美術館に加え、日本各地30ヵ所から借用された2人の作品110点を時代ごとに並べ、比較できるように展示された点も興味深いです。市美術館では、「京都と東京、女性と男性という対照的な2人を比較しながら鑑賞していただければ、より一層楽しめるのでは」と話しています。会期中には、「学芸員によるギャラリートーク」や「中学生のためのアート・サマーセミナー」などのワークショップも予定されているので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

美人画の2大巨匠が一堂に
平塚市制80周年記念事業として、市美術館が7月21日(土)から9月2日(日)まで、「上村松園と鏑木清方展」を開催する。

【情報源】
美人画の2大巨匠が一堂に(タウンニュース平塚版)
http://www.townnews.co.jp/0605/2012/07/19/151905.html

▽リンク
平塚市美術館
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/

この記事を印刷する