県立中央農業高の生徒とローソンが、弁当やスイーツなど4商品を共同開発。関東甲信越地区の店舗で販売しています


ローソン ホームページより

ローソン ホームページより

県立中央農業高校の生徒と株式会社ローソンは、弁当やスイーツなど4商品を共同開発しました。3月26日(火)から、関東甲信越地区のローソン店舗で販売しています。

発売されたのは、「春のよくばり弁当」(498円)、「半熟卵のミートパスタ」(450円)、「つぶつぶ苺のホイップクリームケーキ」(130円)、「ふあふあオムミートパン」(135円)の4商品です。

同校食品加工部の生徒と海老名市内のローソン店舗のオーナーの「地域活性化に貢献したい」という思いから誕生。「半熟卵のミートパスタ」のパスタに使用している小麦粉には、生徒たちが同市内の耕作放棄地を活用して育てた小麦「ユメシホウ」を使用しています。

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:新浪 剛史)は、2013年3月26日(火)より、関東甲信越地区のローソン店舗(3,068店舗:2013年2月末現在、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」除く)で、神奈川県立中央農業高等学校の生徒さんたちと共同開発した4商品を発売いたします。

【引用元】神奈川県立中央農業高等学校の生徒さんたちが考えた4商品発売(ローソン ニュースリリース)

http://www.lawson.co.jp/company/news/073551/

この記事を印刷する

大船軒と鎌倉女子大生が共同開発!旬の地元産食材を盛り込んだ女性向け弁当を限定販売。


完成した折り詰め弁当と共同開発に参加した女子学生(東京新聞ホームページより)

完成した折り詰め弁当と共同開発に参加した女子学生(東京新聞ホームページより)

「鯵の押寿司」などの駅弁製造で有名な「大船軒」が、地元産食材を用いた折り詰め弁当「かまくら旬彩弁当」を鎌倉女子大の現役学生と共同開発しました。今年2月、同社が女子大生目線での新商品開発をテーマに、同大家政学部保健学科の高橋ひとみ准教授に協力を要請し、調理と食文化ゼミナールの4年生5名が卒業研究の一貫として、このプロジェクトに参加しました。

第1弾として、鎌倉とアジサイをイメージした弁当は、女性らしさも感じられる趣向を凝らした盛りつけが特長。レンコンをアジサイの花に見立てたちらし寿司、ディップソースを添えた鎌倉野菜、小アジの香草焼きなど全7品。価格は880円。

今月末までの限定販売で、JR大船、鎌倉、藤沢駅などの湘南エリアの駅などで販売しています。1ヶ月で約1,500個の売り上げを見込んでおり、団体客を中心に予約も好調な滑り出しとのこと。秋以降に第2弾を販売予定。旬の味をふんだんに盛り込んだ限定弁当を味わってみてはいかがでしょうか?

第1弾に続き、9月と11月にも新たな弁当を開発。参加した女子学生は、共同開発の体験を卒業論文にまとめる予定。藤平美佳さん(21)は「商品開発の仕事を目指しているので、いい経験になります」と話している。

【情報源】
季節感豊か 女性向け弁当 大船軒と鎌倉女子大生が共同開発(東京新聞ホームページ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120703/CK2012070302000091.html

▽リンク
湘南鎌倉 大船軒
http://www.ofunaken.co.jp/

この記事を印刷する