EVタクシーを体験するチャンス!お試しクーポン(700円相当分)がもらえるイベントが2月も開催されます


神奈川県ホームページより

神奈川県ホームページより

県、県タクシー協会などでつくる「かながわEVタクシープロジェクト」は、電気自動車(EV)タクシーの普及促進を図ろうと、EVタクシーを呼び出して利用できるお試しクーポン(700円相当分)をプレゼントするイベント等を2月も実施します。

キリンビール横浜工場内「キリン横浜ビアビレッジ」(横浜市鶴見区)では、2月9日(土)から11日(月・祝)にイベントを開催。期間中、見学コース内の特設ブースで専用アプリを使ってEVタクシーの呼び出しを体験、帰りにEVタクシーをご利用いただける方に700円相当分のお試しクーポンをプレゼントします。

また、2月13日(水)から28日(木)の平日限定で、同区の「いっぱいより道!つるみ散策MAP」や同クイズラリー対象施設の一部で、EVタクシーを呼び出していただいた来館者にも、700円相当分のお試しクーポンをプレゼント(各施設のお試しクーポンがなくなり次第終了)。

ビール工場見学ツアー・試飲の後や、レストラン利用の後に、EVタクシーを利用してみてはいかがでしょうか?

「かながわEVタクシープロジェクト」(神奈川県、社団法人神奈川県タクシー協会、神奈川県個人タクシー協会、日産自動車株式会社)は、電気自動車(EV)タクシーの普及促進を図る取組を行っています。

【引用元】お帰りは、お得なクーポンで快適なEVタクシーを体験しよう!「キリン横浜ビアビレッジ」「東京ガスワンダーシップ環境エネルギー館」で実施(記者発表資料 神奈川県)

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p588888.html

【関連記事】「かながわEVタクシープロジェクト」では、EV(電気自動車)タクシーのクーポン(700円相当分)をプレゼントするキャンペーンを実施中です。(かなマグ.net 2013年1月15日)

http://kanamag.net/archives/54566

 

 

この記事を印刷する

【動画】12/12 鶴見区で、子供もOKのリサイタル「Artist +100」が行われます。


12月12日(水)に鶴見区民文化センター サルビアホールで「Artist +100(アーティストプラスワンハンドレッド)」が開催されます。

Artist +100は子供でもOKのリサイタルで、11時からの回は未就学児もOKです。

今回はマリンバの演奏をしてくれる生頼 まゆみさんですが、「ツィンバロン」という楽器の奏者でもあります。「ツィンバロン」はハンガリーなど中欧や東欧などを中心に見られる楽器ですが、日本ではあまり馴染みがありませんね。

投稿者: さん
投稿日:2011/11/25
撮影場所:横浜市

【参考情報】
▽Artist +100 #11 マリンバ — 横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール
http://salvia-hall.jp/?p=7607

この記事を印刷する

【動画】横浜市鶴見区生麦で、疫病退散を願う民俗行事「生麦蛇も蚊も祭り」-カヤで作った長さ約20メートルの蛇が町内や家の中を練り歩きます!


「蛇も蚊も」の様子

横浜市指定無形民俗文化財の民族行事「蛇も蚊も(じゃもかも)」が、生麦蛇も蚊も保存会によって、6月3日行われました。

蛇も蚊もは、約300年前に悪疫が流行したとき、カヤで作った蛇体に悪霊を封じ込めて海に流したことに始まると伝えられています。この行事は、端年の節句の行事とされ、明治の半ば頃から太陽暦の6月6日になり、近年は6月の第1日曜日に行われています。

生麦の神明社(横浜市鶴見区生麦3-13)の境内で、午前6時30分から雌雄2匹の蛇つくりが開始され、午後0時30分に長さ20メートル弱の体に赤い角と耳、目を付けた2頭が完成。

午後2時近くに宮出しを行い、100人以上の親子連れが蛇体を担ぎ、夕方まで町内の住宅などを訪れて玄関で蛇頭を振り、無病息災を祈りました。翌日、神明社の境内で2匹の蛇は焼かれ行事は終了するそうです。

「蛇も蚊も出たけい、日和の雨けい」の子どもたちのかわいい掛け声とともに、玄関から入った大きな蛇が家の中を練り歩く迫力の映像を映像をお届けします!

投稿者:Yoshiaki Matunoさん
投稿日:2012/06/03
撮影場所:横浜市鶴見区生麦

【参考ページ】
NPO法人無形民族文化財アーカイブス「蛇も蚊も(じゃもかも)」
http://www.nponia.com/page14-jamokamo.htm

この記事を印刷する

【動画】毎回好評の横浜市営バス「廃車作業立会いツアー」普段は公開していない廃車作業を見学! ファンにはたまらない、不用品の「お宝」販売も。


横浜市営バス廃車作業立会いツアーの様子

横浜市営バスのキュービックノンステップバスの廃車作業を見学するツアーが鶴見営業所で行われ、29人が参加しました。ツアーは好評で、11年度では5回目の開催。毎回満員だそうです。

廃車となった「キュービックノンステップバスKC-LV832L(鶴見9-1529号車)」は、特徴的な車両で、ファンに人気の高いバス。1999年度から鶴見区、神奈川区などの路線で走行していました。

ツアーでは、アルコール検知器での検査や車体の整理番号や「横­浜市営」の文字の塗りつぶし作業を、参加者が体験。取り外された局紋や、過去の廃車の方向幕など不用品の「お宝」も販売されました。

普段は公開していない廃車作業が見られるツアー。今後の開催も期待したいですね!

投稿者:kanalcoさん
投稿日:2012/03/20
撮影場所:鶴見営業所

▽リンク
横浜市交通局 追加で実施! 特徴的な車両はこれで見納め! 第5回廃車作業立会いツアー
http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2011/20120224185014.html

この記事を印刷する

【動画】横浜市鶴見区の小学校で、帰宅困難者受け入れの訓練。小、中学校と企業が合同で開催しました


無線の防災訓練をする市民

無線の防災訓練をする市民

3/3に、横浜市鶴見区の生麦小学校で、帰宅困難者受け入れのための防災訓練がおこなわれました。
鶴見区では昨年の3/11の大震災発生時に、200人余りの帰宅困難者が休憩場所を求めて各小学校に次々と集まり、毛布や食料が不足するなどの事態に直面しました。
こうした事態に備えるため今回は、小、中学校、企業など4団体が協力し、震災後新たに導入された無線をつかった実践的な訓練となりました。

この訓練の様子がニュースで放映されました。動画は、下記リンクからご覧ください。

【動画情報源】
横浜市で帰宅困難者対応訓練:NHK神奈川動画ニュース
http://www.nhk.or.jp/yokohama-news/20120303192736_01.html?play

この記事を印刷する