【動画】6月の初め、約7000発が打ち上がる「第56回逗子海岸花火大会」とその翌日の「海岸清掃」が行われます。


6月1日(土)(荒天時翌2日)、逗子海岸で「第56回逗子海岸花火大会」が行われます。

県内でもいち早く夏の到来を告げる花火大会として親しまれている「逗子海岸花火大会」は、逗子市最大の観光イベント。夜7時半から始まり、約7,000発が打ち上がります。

また、環境に配慮した花火大会として、翌日には海岸清掃を行います。2日(日)の場合は午後1時から、3日(月)の場合は朝7時から海岸清掃をし、清掃終了後に海岸で抽選会を行います。

投稿者:hanabibito さん
投稿日:2012/06/02
撮影場所:逗子市 逗子海岸

【参考】
▽逗子市観光協会:お知らせ(第55回逗子海岸花火大会)
http://www.zushitabi.jp/2013hanabi.html

この記事を印刷する

大好きな風景を撮って応募しよう!逗子ステキ発見フォトコンに「アンダー18」部門


逗子市ホームページより

逗子市ホームページより

逗子市では、現在作品募集中の「逗子ステキ発見!景観フォトコンテスト」で「アンダー18」部門をつくりました。高校生以下を対象に、逗子の「ステキな風景」を募集しています。3月15日(金)まで。

また、コンテストでは「逗子のステキ」を見つけてくれた子どもたちへの「いいね賞」も併せて募集しています。手作りギフトなど、まごころのこもった「いいね賞」と商品を募っているそうです。

若い人の視点に映る、逗子のステキな景観を市民で共有するために「アンダ-18」を開催します。

【引用元】逗子ステキ発見!景観フォトコンテスト プレ企画 アンダー18(逗子市)

http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/machi/photo/eighteen.html

【関連記事】逗子の「ステキ!」を発見。景観フォトコンテスト作品募集中(かなマグ.net 2012年10月14日)

http://kanamag.net/archives/49110

 

 

この記事を印刷する

逗子の「ステキ!」を発見。景観フォトコンテスト作品募集中


逗子市ホームページより

逗子市ホームページより

逗子市では、市民と行政が協働して美しい逗子のまちを将来に継承するための「景観資産登録」を目指しています。その活動の一環として、「逗子ステキ発見!景観フォトコンテスト」を開催。10月1日から作品を募集しています。2013年9月末まで。

1年を通して逗子の魅力を集めます。市内の歴史的建造物、豊かな緑や水辺、生活風景などが撮影されているもので市内外、年齢を問わず応募できます。2013年10月に作品展示会、表彰式を予定。

景観を軸にした「まちおこし」を進める同市。1人12点まで応募できます。

  • 市民と行政が協働して美しい逗子のまちを将来に継承するための「景観資産登録」を目指しています。その活動の一環として、フォトコンテストを開催します。
  • 応募期間  平成24年10月1日(月)~平成25年9月30日(月)
【情報源】逗子ステキ発見!景観フォトコンテスト作品募集(逗子市まちづくり課)
▽リンク
逗子ステキ発見!景観フォトコンテスト フェイスブックページ
逗子の景観まちづくり フェイスブックページ

この記事を印刷する

【動画】逗子の海岸で「浜の芸術祭」が開催。


「浜の芸術祭」公式サイトより

9月16日(日)、17日(月・祝)逗子海岸でアートフェス「第1回 浜の芸術祭〜逗子ひとつにナーレ〜」が行われます。

公式サイトのメインイメージ、ポスターやパンフレットにも使われている写真ですが、気がつきましたか?シルエットで「ずし」を作っています。

「浜の芸術祭」は逗子の砂浜で行われる、開かれたアートフェスティバル。開催概要の中には、「アートというものが『特別な人の特別なもの』ではなく、誰でも自由に楽しめることを伝えていきたい。」とあります。楽しいアートフェスティバルになりそうですね。

<浜の芸術祭コンセプト>
①才能発掘フェス(アートは特別なものじゃない)
②若手アーティスト支援(閉ざされたアート業界を底からひっくり返す)
③日本の芸術力で地域活性(新しい日本の価値を創造する)

投稿者: さん
投稿日:2012/07/23
撮影場所:不明

【参考情報】
▽浜の芸術祭 (フェイスブックページ)
https://www.facebook.com/hamartfes
▽【浜の芸術祭】公式サイト
http://hama-artfes.com/

この記事を印刷する

三浦半島・エコミュージアムガイドツアー参加者募集中!-逗子の名刹と溜め池・里山を訪ねる約10キロのコースを歩いてみませんか?


三浦半島・エコミュージアムガイドツアー~逗子の名刹と溜め池・里山を訪ねる~コース説明(神奈川県ホームページより)


「三浦半島・エコミュージアムガイドツアー~逗子の名刹と溜め池・里山を訪ねる~」が、7月14日に行われます。同ツアーは、逗子地区で自然・歴史について活動している団体の人たちがおすすめのルートを楽しく案内するもので、「三浦半島まるごと博物館連絡会」が主催するガイドツアーです。

地域の歴史や文化を学びながら、自然豊かな約10キロのコースを歩いてみませんか?事前申込み制で、まだ人数に余裕があるそうです。この機会にぜひご参加ください!

◆開催概要
三浦半島・エコミュージアムガイドツアー~逗子の名刹と溜め池・里山を訪ねる~

日時:7月14日(土)9時30分~15時
※雨天(降水確率40%以上)は、15日(日)に順延 
集合・解散場所:9時30分 JR逗子駅前(左側)トイレ前付近(改札口出たところで案内あり)
参加費:1人500円(保険料、資料代他、当日受付時に徴収します)
定員:30名(定員を大幅に越えた場合は抽選)
申込み締切後、ガイドツアー受付表を返信メールでお送りします。(抽選の場合は、決定・選外も連絡)
持ち物:お弁当・飲み物、歩きやすい服装・靴、暑さ対策、雨具、敷物、筆記用具など。拝観料100円各自払い(岩殿寺)。
その他:1)一部街中を歩きますので、各自、熱中症対策、交通安全をお願いします。
2)いずれの寺院も、坂道、階段の登り降りがあります。
主催:三浦半島まるごと博物館連絡会
担当団体:ずし地名と歴史の会、三浦竹友の会、横須賀「水と環境」研究会

◆申込方法およびお問い合わせ
Eメールにて、題名を「7/14エコガイドツアー参加希望」とし、郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・連絡先電話番号をご記載ください。※複数申込みの場合は、参加者全員分を記入願います(最大5名)

申込み先:担当団体である、横須賀「水と環境」研究会
Eメール hirojit@jcom.home.ne.jp (Fax:046-835-2933 でも受付)

【情報源】
三浦半島・エコミュージアムガイドツアー ~逗子の名刹と溜め池・里山を訪ねる~ – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p490203.html

この記事を印刷する