神奈川県の多国籍語ホームページをリニューアル!神奈川の魅力を多国籍語で情報発信します。


英語版トップページ(神奈川県 ホームページ)

英語版トップページ(神奈川県 ホームページ)


神奈川県は12月10日(月)、海外在住・在勤の方および県内在住の外国籍県民の方向けに、情報提供を行っている多国籍語(10種の言語)ホームページをリニューアルしました。以前は海外向けと県内向けの情報が混在しており、使いにくい面も見られたため、海外からのビジネスや観光を誘致するページ、県内在住者に便利な生活関連情報のページに分類。より利用しやすいページとなりました。

知事が英語で神奈川県の魅力を語りかけるメッセージ動画をトップページからご覧頂けます。是非、ご活用下さい。また外国人のお友達にもご紹介下さいね。

ビジネスや観光などの分野ごとに整理し、必要な情報を簡単に見つけることができる機能的なページに改善しています。デザイン面では”つながる”をコンセプトに、パッチワークをイメージした明るいデザインにより神奈川県の美しい自然や文化を画像で展開します。

▽リンク
英語(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/english/index.html

中国語(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/chinese/index.html

韓国語(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/korean/index.html

この記事を印刷する

”映像のまち・かわさき”を支える「映像をビジネスにした社長の話」-ビジネス支援トークシリーズ


科学と産業の情報ライブラリー・神奈川県立川崎図書館のトークシリーズ「ビジネス支援トーク」。
県内や京浜臨海部のビジネスシーンで活躍するキーパーソンを招き、現場における多彩で活きた情報を毎回提供しています。

1月28日(土)のゲストは、映像のロケ地の紹介や誘致活動を行うコンサルティング会社・VOICEの代表取締役で、NPO法人かわさきムーブアート応援隊事務局長の寺川香苗さん。これまでに関わった映像が300本にも及ぶ彼女の仕事の中には、あのホラー映画「リング」や「あしたのジョー」、ドラマ「ドン・キホーテ」も!

寺川 香苗さん

神奈川県立川崎図書館HPより

申し込みはホームページ、FAX、電話、往復はがき、カウンターで受付中。

日時
2012年1月28日(土)14:00~16:00
会場
神奈川県立川崎図書館2階ホール
定員
50人 参加費は無料です
応募者多数の場合は1月20日に締め切り抽選とさせていただきます。
お問い合わせ
県立川崎図書館 産業情報課
TEL:044-233-4537
FAX:044-210-1146
〒210-0011川崎市川崎区富士見2-1-4

【情報源】
ビジネス支援トーク:映像をビジネスにした社長の話|神奈川県立川崎図書館
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/business_talk1102.htm

この記事を印刷する

スマートフォンで企業が劇的にかわるかも!?「かながわ産業Naviフェスタ2011」で、スマートフォンで今後の市場を見渡そう


かながわ産業Naviフェスタ2011

かながわ産業Naviフェスタ2011

2010年、携帯電話全体の約6%のシェア率だったスマートフォンですが、2011年末にはシェア率20%に届くのではと言われています。
そんなスマートフォンを、いかにビジネスに生かすか、をわかりやすく説明するのがこの「かながわ産業Naviフェスタ2011」です。テーマはズバリ「スマートフォン導入で中小企業のビジネスはこう変わる!」
会社の同僚などになかなか聞けないスマートフォンのあれこれ。是非この機会に、ビジネスに役立つスマートフォンの活用法を体験してみてください。

【日程】2011年12月7日(水)14:00~17:00
【場所】県民共済プラザビル
【内容】
14:00~15:30 セミナー
15:40~16:10 神尾先生に生で聞いてみよう!
神尾先生とベテラン利用者、スマートフォンをこれから活用したいと考えている2名を交えた4名によるトークタイムです。
16:20~17:00 名刺交換会
自社PR・情報交換の場としてご自由にお使いください。
※ケーキ・コーヒー付
【受付開始】13:30~
【参加費】無料
【対象者】産業Navi掲載会員様
【定員】120名(先着順)

【情報源】
かながわ産業Naviフェスタ2011開催!
http://www.navida.ne.jp/sangyo/sanfes/

この記事を印刷する

ヨッテクって知ってる?7月22日、23日にパシフィコ横浜で、福祉を支える人とテクノロジーのイベント開催!来場者が参加出来るイベント盛りだくさん。ヨッテクに寄ってく?


ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド ヨッテク2011

今年で10回目を迎える、ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド(ヨッテク)。
「福祉を支える人とテクノロジー~ひと・もの・ことのユニバーサルデザイン」というテーマで、イベントを通して福祉の情報を「元気に」発信していきたいとのこと。 続きを読む

この記事を印刷する

スポーツビジネス・地域活性を指南したサッカーJリーグ・川崎フロンターレスタッフの執筆本『(スポーツでこの国を変えるために)僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ』が好評!


タウンニュース 麻生区版

著者の天野春果さんは川崎フロンターレに入社して今年で15年目。
これまで様々なプロモーション活動の仕掛け人として知られています。
昨年9月に執筆依頼を受け、フロンターレでの取り組みに一定の考え方が
まとまったことから、出版に踏み切ったそうです。

同書では川崎市唯一の相撲部屋、春日山部屋とのつながりから共同企画に
至るまでの経緯や本のタイトルのバナナを使った企画をはじめ、自身が
これまで手がけてきたプロモーション活動について、エピソードを
交えながら紹介しています。

地域密着を掲げ、様々なプロモーション活動を展開するサッカーJリーグ・川崎フロンターレ。同クラブは「試合の勝敗に左右されないクラブ作り」を方針にファンの拡大に力を注ぐ。このほど、同クラブのスタッフが15年の経験をもとに、スポーツの持つ可能性を訴えた本を執筆し、脚光を浴びている。

【情報源】
フロンターレスタッフ執筆の本が脚光 麻生区 タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0205/2011/07/15/111533.html

【関連ページ】
KAWASAKI FRONTALE ホーム
http://www.frontale.co.jp/

この記事を印刷する