復興支援ボランティアバス参加者、金太郎ハウス利用者がそれぞれ1万人を突破しました!


かながわ東日本大震災ボランティアステーション ホームページ

かながわ東日本大震災ボランティアステーション ホームページ

県、県社会福祉協議会、神奈川災害ボランティアネットワークが協働で実施している「かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業」。東北被災地支援のためのボランティアバスを運行しています。岩手・宮城両県に向け継続して延べ300便332台を運行し、2012年11月末で、参加者の累計が1万人を超えました。

ボランティアバスはいろいろな団体・機関が実施していますが、東日本大震災関係で自治体が主催者となっているバス運行の参加者が1万人を超えたケースは全国初とのこと。すばらしいですね!

また、県が岩手県遠野市に2011年7月設置、同県内でボランティア活動する神奈川県民の宿泊拠点となっている「かながわ金太郎ハウス」も、2012年11月末で宿泊利用者の累計が1万人を突破しました。

ボランティアを派遣する側が被災地にボランティア宿泊施設を設置運営すること自体が先進的な取り組みですが、さらに宿泊利用者累計が1万人を突破したということは、全国でも例のない実績だそうです。

「かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業」では、平成23年4月から岩手県・宮城県へボランティアバスを運行してきましたが、24年11月末で、参加者が延べ10,000人を超えました。また、かながわ金太郎ハウス宿泊利用者も、23年7月の開所以来24年11月末までで、延べ10,000人を超えました。

【引用元】ボランティアバス参加者・金太郎ハウス利用者 10,000人突破!(神奈川県)

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p552638.html

▽かながわ東日本大震災ボランティアステーション

http://ksvn.jp/

この記事を印刷する

利用者はのべ7000人超。岩手県遠野市の復興支援拠点「かながわ金太郎ハウス」開設から1年


かながわ金太郎ハウス公式サイトより

かながわ金太郎ハウス公式サイトより

東日本大震災での被災地支援を目的に、神奈川県、県社会福祉協議会、神奈川災害ボランティアネットワーク(KSVN)の三者が協働事業として設置した「かながわ東日本大震災ボランティアステーション」。事業の一環として、岩手県沿岸部での復興支援ボランティア活動をサポートする拠点とすべく、県が岩手県遠野市に「かながわ金太郎ハウス」を開設してから、1年を迎えました。

かながわ金太郎ハウス開設は、2011年7月24日。当時、このような施設を開くことは都道府県では初めての試みでした。岩手県へのボランティアバス利用者を中心として、今年6月までにのべ7024人が利用し、陸前高田市、大船渡市、大槌町、釜石市などでの瓦礫撤去、ゴミ拾い、側溝泥だし、農業支援の他、カフェ隊(仮設住宅で住民同士の交流を促進するためのお茶会の運営)や思い出の品仕分け、献本活動の支援、花壇作り、イベントの手伝いなどの支援活動を行ってきました。

ボランティア活動の拠点を遠野に設けることで、1週間以上の中長期滞在型の活動も可能になり、それまでの瓦礫撤去等のハード活動だけでなく、カフェ隊や仮設住宅の生活支援、献本活動の支援、思い出の品仕分け・返却活動、障害福祉施設での利用者見守り活動、陸前高田ボランティアセンターでの活動など、地元密着型の支援活動が行えるようになりました。今年6月末までにのべ約100名が中長期ボランティアとして活動しています。

かながわ金太郎ハウスでは、本来のボランティアの受入れのほか、直接的な被災地支援の取組みとして、「陸前高田新店舗マップ」の製作および配布なども行ってきました。このマップは、かながわ金太郎ハウスのスタッフが、一軒一軒を回って陸前高田市新店舗等の情報を調査し、地図としてまとめたものです。陸前高田市のホームページにも掲載されました。

その後地元の支援団体に引き継がれ、新しくなった「陸前高田復幸マップ」は金太郎スタッフが各家々に届けるだけでなく、地元のお祭りやイベントなどにもお手伝いとして参加する機会を活用して配布を行っています。

引き続き、被災地でのボランティア活動をサポートする拠点として、じっくりと腰を据えて支援活動が行える環境を提供していきますので、さらに多くの方々のご利用をお待ちしています。

 

「ボランティア、関係団体の多大なる協力のもと、1年を迎える事ができました。ありがとうございます。被災地も徐々に、復興してきています。神奈川のみなさんにも、ボランティア、旅行など何でもいいので、被災地に赴き、現地の風景、人々の声など、見て、聞いて、感じて、直に触れ、被災者の頑張りを感じて欲しいと思います。また、心の片隅でいいので、震災、津波の事を忘れないでいて欲しいと思います」と、金太郎ハウススタッフの鬼原伸さん。これからも、金太郎ハウスそして東北を応援しましょう!

 

【情報源】「かながわ金太郎ハウス」開設から1年(かながわ東日本大震災ボランティアステーション)

http://ksvn.jp/

▽リンク

かながわ金太郎ハウス公式サイト

http://311archives.jp/index.php?gid=10441

かながわ金太郎ハウスFacebook

http://www.facebook.com/KintaroHouse

この記事を印刷する

かながわ東日本大震災ボランティアステーションが、宮城県の農業支援プロジェクトへのボランティア参加を呼びかけ


かながわ東日本大震災ボランティアステーションのボランティアバス出発の様子

かながわ東日本大震災ボランティアステーションのボランティアバス出発の様子

大震災から14カ月が過ぎた現在、首都圏では震災被害の報道は減ってきていますが、被災地では、今でもボランティア活動を必要としている地域がたくさんあります。

かながわ東日本大震災ボランティアステーションでは、これまでにボランティアバス約245台、のべ7,600人以上のボランティアを現地に派遣してきました。現在も、週に3~4本のボランティアバスを横浜から運行しています。

ですが、震災から1年以上を経過して、参加者が減っているのに頭を悩ませています。
現在は、6月に出発する、宮城県七ヶ浜町と、気仙沼市本吉町への農業支援バスの参加者が少なく、ボランティアバスの運行が厳しくなっています。

同ステーションでは、6月に出発する、宮城県気仙沼市と七ヶ浜への農業支援バスの参加者を募集しています。神奈川のボランティアバスは、事前説明会を非常に詳しく行うので、初めて参加する人へのサポートも万全です。

募集しているのは、気仙沼行き(6月8日(金)21時出発、10日(日)早朝着)、七ヶ浜行き(6月19日(火)21時出発、20日(水)23時着)。参加費は6,000円。

ボランティアに興味はあったけど一歩踏み出せなかった人、一度現地を見てみたいと思っている人、是非この機会に足を運んでみませんか。

また、6月15日(金)夜出発の山元町行きのボランティアバスも参加者を募集しています。

参加申込みは、こちらから。
http://ksvn.jp/category/news/volunteer_comeon/volunteer_bus

ボランティアバスで活動に参加したボランティアが、気仙沼での活動の様子を報告しています。

実際の作業は、津波で被害を受けた農地のがれき撤去からスタート。
農地として使うには、まずは散乱する砂利やガラスの破片を取り除く必要があります。固くなった泥を忍者熊手(潮干狩りなどに使う小さな熊手)で掘り起こしながら、ガラスや陶器の破片を取り除く地道な作業ですが、この行程をクリアしなければ農業機械も入れられません。1人でも多くのボランティアの手が必要とされます。

「ボランティアさんを見ることで“復興への希望”を持てるようになった」、「これを機に“被災者”から“復興者”にかわりたい」という、住民の方の前向きな声も聞かれるようになったそうです。
がれき撤去作業の後は土壌改良をすませ、種まきや草取り、水やり、初夏から秋にかけては収穫作業も行われる予定。
産業の再生なくして復興はありえません。
復興に向かう“希望の芽”を育てるために、皆さんの力が必要です。

皆さんの参加を心よりお待ちしています。

【情報源】
気仙沼の農業復活をめざして。「農地再生プロジェクト」に参加!(かながわ東日本大震災ボランティアステーション)
http://ksvn.jp/news34204.html

▽関連リンク・参加申込
ボランティアバス募集(かながわ東日本大震災ボランティアステーション)
http://ksvn.jp/category/news/volunteer_comeon/volunteer_bus

この記事を印刷する