アートの力で復興支援 厚木・東京工芸大の学生有志


子どもたちの海の絵をモザイク画にした大漁旗=岩手県大船渡市の「おおふなと夢商店街」(朝日新聞デジタルより)

子どもたちの海の絵をモザイク画にした大漁旗=岩手県大船渡市の「おおふなと夢商店街」(朝日新聞デジタルより)

厚木市・東京工芸大学の学生有志でつくる「L project(エル・プロジェクト)」が、得意のアートで東日本大震災の被災者と交流、岩手県大船渡市の復興を継続的に支援しています。

グループは、大船渡市出身で進学前に自宅で震災を体験した2年生の千葉紘香さん(19)が「ふるさとのために何かしたい」と友だちを誘い、昨年7月に発足した。「L」はLight(光)のことで、「震災で消えた光を取り戻してほしい」との願いを込めた。

「自分たちにできるのは、ビジュアルの力を役立てること」と考えた学生たちは昨夏、被災地の小中学校6校を訪れ、子どもたちが震災前に描いた海の絵155枚を集めた。

「海と共に生きてきた町。祭りやいさり火など海には光がいっぱいあった」と千葉さん。津波で暗いイメージになったが、海で笑顔を取り戻してほしいという。

震災前に描かれた良いイメージの海の絵を並べてモザイク画にし、地元の景勝地「穴通磯(あな・とおし・いそ)」を表現。作品を大漁旗に仕上げ、この夏に仮設商店街「おおふなと夢商店街」に寄贈した。

3人で始めた活動は中心メンバーが6人になり、協力してくれる学生も増えた。8月には現地でアートイベントを開き、子どもやお年寄りと交流。学内や都内で集めた募金で画用紙や絵の具などの画材を買い、小中学校に寄贈した。「また、海の絵を子どもたちに描いてほしい」と葛西亮介さん(20)は言う。

被災地では同じ規格の仮設住宅が立ち並ぶため高齢者が迷うことが多く、「何か目印を作ってくれないか」との要望もあった。目印のデザイン、とくれば学生の出番だ。「通りに名前を付けたら良いかも」「マグネット式の目印なら便利」。自由な発想で支援策を考え始めた。

 

被災地の状況や活動を知ってもらおうと、年内には発表会を開いて写真学科の学生が撮影した写真も展示する予定だそうです。

【情報源】アートでともす復興の光(朝日新聞デジタル)

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001209120003

▽リンク

東京工芸大学

http://www.t-kougei.ac.jp/

 

この記事を印刷する

川崎の北島さんデザイン「たかたのゆめちゃん」 陸前高田の復興支援に活躍!


グッズを手にする北島さん(タウンニュース高津区版より)

グッズを手にする北島さん(タウンニュース高津区版より)

川崎市高津区久本在住の北島茉也さん(22)がデザインした陸前高田市復興応援マスコット「たかたのゆめちゃん」が、高津区民祭をはじめ全国の夏祭りに登場し、人気を集めています。「夢☆キャラ」として、現地のNPO法人陸前高田市支援連絡協議会「Aid TAKATA」が募集した同キャラクターのグッズはチャリティ販売され、被災地の復興支援に役立てられます。

「夢☆キャラ」で復興支援 久本在住 北島さん考案

区内久本在住の北島茉也さん(22)がデザインした陸前高田市復興応援マスコット「たかたのゆめちゃん」が、高津区民祭をはじめ全国の夏祭りに登場し、人気を集めている。

陸前高田市のマスコットキャラクターとして、復興支援とともに全国を飛び回る「たかたのゆめちゃん」。これからの活躍にも期待しましょう!

【情報源】「夢☆キャラ」で復興支援 久本在住 北島さん考案(タウンニュース高津区版)

http://www.townnews.co.jp/0202/2012/08/17/154387.html

▽リンク

たかたのゆめちゃん公式サイト

http://www.yume-chara.com/

特定非営利活動法人 陸前高田市支援連絡協議会 Aid TAKATA

http://aidtakata.org/

陸前高田市

http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/index.html

この記事を印刷する

利用者はのべ7000人超。岩手県遠野市の復興支援拠点「かながわ金太郎ハウス」開設から1年


かながわ金太郎ハウス公式サイトより

かながわ金太郎ハウス公式サイトより

東日本大震災での被災地支援を目的に、神奈川県、県社会福祉協議会、神奈川災害ボランティアネットワーク(KSVN)の三者が協働事業として設置した「かながわ東日本大震災ボランティアステーション」。事業の一環として、岩手県沿岸部での復興支援ボランティア活動をサポートする拠点とすべく、県が岩手県遠野市に「かながわ金太郎ハウス」を開設してから、1年を迎えました。

かながわ金太郎ハウス開設は、2011年7月24日。当時、このような施設を開くことは都道府県では初めての試みでした。岩手県へのボランティアバス利用者を中心として、今年6月までにのべ7024人が利用し、陸前高田市、大船渡市、大槌町、釜石市などでの瓦礫撤去、ゴミ拾い、側溝泥だし、農業支援の他、カフェ隊(仮設住宅で住民同士の交流を促進するためのお茶会の運営)や思い出の品仕分け、献本活動の支援、花壇作り、イベントの手伝いなどの支援活動を行ってきました。

ボランティア活動の拠点を遠野に設けることで、1週間以上の中長期滞在型の活動も可能になり、それまでの瓦礫撤去等のハード活動だけでなく、カフェ隊や仮設住宅の生活支援、献本活動の支援、思い出の品仕分け・返却活動、障害福祉施設での利用者見守り活動、陸前高田ボランティアセンターでの活動など、地元密着型の支援活動が行えるようになりました。今年6月末までにのべ約100名が中長期ボランティアとして活動しています。

かながわ金太郎ハウスでは、本来のボランティアの受入れのほか、直接的な被災地支援の取組みとして、「陸前高田新店舗マップ」の製作および配布なども行ってきました。このマップは、かながわ金太郎ハウスのスタッフが、一軒一軒を回って陸前高田市新店舗等の情報を調査し、地図としてまとめたものです。陸前高田市のホームページにも掲載されました。

その後地元の支援団体に引き継がれ、新しくなった「陸前高田復幸マップ」は金太郎スタッフが各家々に届けるだけでなく、地元のお祭りやイベントなどにもお手伝いとして参加する機会を活用して配布を行っています。

引き続き、被災地でのボランティア活動をサポートする拠点として、じっくりと腰を据えて支援活動が行える環境を提供していきますので、さらに多くの方々のご利用をお待ちしています。

 

「ボランティア、関係団体の多大なる協力のもと、1年を迎える事ができました。ありがとうございます。被災地も徐々に、復興してきています。神奈川のみなさんにも、ボランティア、旅行など何でもいいので、被災地に赴き、現地の風景、人々の声など、見て、聞いて、感じて、直に触れ、被災者の頑張りを感じて欲しいと思います。また、心の片隅でいいので、震災、津波の事を忘れないでいて欲しいと思います」と、金太郎ハウススタッフの鬼原伸さん。これからも、金太郎ハウスそして東北を応援しましょう!

 

【情報源】「かながわ金太郎ハウス」開設から1年(かながわ東日本大震災ボランティアステーション)

http://ksvn.jp/

▽リンク

かながわ金太郎ハウス公式サイト

http://311archives.jp/index.php?gid=10441

かながわ金太郎ハウスFacebook

http://www.facebook.com/KintaroHouse

この記事を印刷する