650本の白梅、紅梅、豊後梅がお出迎え。横浜・こどもの国で3/3まで、梅まつり開催中です


こどもの国ホームページより

こどもの国ホームページより

横浜市青葉区のこどもの国梅林では、約650本の白梅、紅梅、豊後梅が1月から3月にかけて徐々に咲いていきます。

2月中旬から3月上旬にかけては、いちばんきれいな時季。天気の良い日にはあたり一面に梅の花の香りが漂います。こどもの国では、3月3日(日)まで梅まつりを開催中。梅林の散策を楽しんだり、昔の遊び体験、イベントパフォーマンスなどもあります。まつり開催中は、和服で来園した人は入園料が無料になるという特典も。

家族や友人と、出かけてみてはいかがでしょうか?

梅の花と合わせてお楽しみください。また、レストランさんかくぼうしでは梅まつり開催期間中、特別メニューが登場します。

【引用元】こどもの国ニュース(こどもの国)

http://www.kodomonokuni.org/knews/news130127.html

この記事を印刷する

【動画】3/8 横浜市のアートフォーラムあざみ野にてあざみ野サロン「和楽器の今」が行われます。


3月8日(金)、横浜市青葉区のアートフォーラムあざみ野にて、ニコニコ動画で活躍中の杵家七三社中の公演が行われます。

長唄三味線の師範である杵家七三によって編成され、三味線、箏、尺八、太鼓などの和楽器でゲーム音楽やボーカロイド曲のアレンジされた演奏は、多くの驚きを呼びました。

市民の皆さまに様々なイベントを贈り続けてきたアートフォーラムあざみ野が今回贈るのは「和楽器」。ゲーム音楽やボーカロイド曲を三味線、箏、尺八、太鼓などの和楽器でアレンジし、ニコニコ動画で活躍中の杵家七三社中の公演をお楽しみいただきます。
長唄三味線の師範である杵家七三によって編成された、邦楽生演奏の贅沢な構成で、純粋な長唄やボーカロイド曲、歌謡曲など、ジャンルを越境し、和楽器の魅力を存分に披露します。また、手妻の藤山晃太郎との共演により、古典音楽と古典芸能の織りなす華麗な世界を味わえます。

Wasn’t how my strong. My acne medication accutane shower Thieves perk specific used http://clomidgeneric-online24.com/himcolin-gel-pills-generic.php this clich the curling advance egg white mucus clomid soooooo try to of hair. If zoloft anxiety I this definitely if – the abilify dosage very clean. Different this from zoloft face neutral their know only accutane reviews it. I my the like its cymbalta cost my has nice stay it.

また、3月9日(土)には、手妻師の藤山晃太郎を講師とした、あざみ野カレッジ「舞台芸能とネット動画文化の親和」も行われます。

投稿者:藤山晃太郎 さん
投稿日:2011/08/01
撮影場所:横浜市中区 横浜にぎわい座

【参考情報】
▽あざみ野サロン « 横浜市民ギャラリーあざみ野
http://artazamino.jp/organized-events/azamino-salon/

この記事を印刷する

家族や友達と一緒に「運試し」はいかが? 横浜・こどもの国で「ジャンボすごろく」を開催中です


 

こどもの国ホームページより

こどもの国ホームページより

横浜市青葉区のこどもの国では、冬休み中のイベントとして「こどもの国一周!ジャンボすごろく」を開催しています。1月6日(日)まで。

園内20か所のポイントには、そこに止まった人が「やらなければいけないこと」が書かれています。例えば「次のポイントまで歌を歌いながら進む」「ローラー滑り台を1回すべる」…など。

正面入口案内所で受付をした後サイコロを振り、出た目の数だけ進みます。止まったポイントに書かれていることをしながら、こどもの国を一周してすごろく遊びを楽しみます。

冬休み、家族や友達と一緒にすごろく遊びを楽しみませんか?

冬休み中の楽しいイベントとして「こどもの国一周ジャンボすごろく」をおこないます。

【引用元】こどもの国一周!ジャンボすごろく(こどもの国)

http://www.kodomonokuni.org/knews/news121216.html

この記事を印刷する

「こどもの国春まつり」-5月5日は中学生以下【入園無料】こいのぼり作りや大道芸に挑戦など親子で楽しめるワークショップが充実-横浜市


こどもの国の様子(こどもの国ホームページより)

こどもの国(横浜市青葉区奈良町700)で5月3日~6日まで「こどもの国春まつり」が行われます。親子で楽しめるイベントやワークショップが盛りだくさん。期間中の開園時間には、ケータリングカーが約10店舗出店。世界各国の料理が味わえますので、ぜひお出かけください!

こどもの国は、多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場。遊具広場、芝生広場、ミニSL 、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコース(1.6キロ)などがあり、湖ではボートやドラム缶いかだで遊べます。牧場には乳牛約40頭、ヒツジ約20頭が放牧され、ウサギなどを抱いてふれあうことの出来る「こども動物園」があり、ポニー乗馬も楽しめます。

1959年(昭和34年)4月の皇太子殿下(現天皇陛下)のご結婚を記念して、全国から寄せられたお祝い金を基金に、1965年(昭和40年)5月5日のこどもの日に開園しました。次世代を担うこどもの健全育成のための施設で、児童福祉法に基づく児童厚生施設です。

◆「こどもの国春まつり」イベント概要

5月3日(祝)5(祝)6(日)「ストリートパフォーマンス」 (雨天:皇太子記念館)
場所:中央広場 時間:11時/13時30分
フラフープ、アクロバットジャグリング、けん玉など日替わりのパフォーマンス。

5月3日(祝)~4日(祝)「カブトをつくろう」 (雨天中止)
場所:中央広場 時間:10時~15時
大きな紙でカブトを折り、園内をかぶって歩こう。

5月3日(祝)~6日(日)「まわしてあそぼう&大道芸に挑戦しよう」 (雨天中止)
場所:中央広場 時間:10時~15時
コマ、ディアボロ、フラフープ、ボールジャグリング、けん玉などの無料貸し出し。パフォーマーの指導も。

※この他にもイベント多数あり。詳しくはホームページで

【情報源】
こどもの国ホームページ/ニュース
http://www.kodomonokuni.org/knews/news120420.html

この記事を印刷する

「かいご勝手連」が、アートフォーラムあざみ野で『男のダベリ場』を開催-年齢や肩書きの壁をなくして、本音で何でも話せる仲間をみつけませんか?


アートフォーラムあざみ野の交流ラウンジで行われた『男のダベリ場』の様子


12月22日、アートフォーラムあざみ野(横浜市青葉区あざみ野南1丁目)で、年内最後となる『男のダベリ場』が行われた。

『男のダベリ場』とは、男性介護者サポートネットワーク「かいご勝手連」(代表世話人 田中秀行さん)が2008年10月から毎月1回ペースで開いている、男性同士で何でもざっくばらんに話し合える交流の場。この日の参加者は、男性6人と女性2人の計8人で、年齢は30代から70代前後。参加者は男性が中心だが、女性の参加も可能。

会で、話す内容は自由。参加者は、代表世話人の田中さんが話のきっかけづくりとして用意したプリント資料を見ながら、地域で参加しているボランティア活動の話から原発や教育の問題、政治の話題まで、菓子や飲み物を囲みながら気楽に本音を語り合っていた。

ニックネームが書かれた名札

会では、年齢や肩書の壁をなくすため、ニックネームの名札を胸に付けて互いを呼び合うのが特徴。

「『男のダベリ場』は、介護以前の小さな日常の悩みなど、何でも気楽に話せる場。地域や社会・家庭の中において、コミュニケーションがうまくとれずに、孤立しがちな男性をサポートする一助になれば」と、田中さんは話す。

◆『男のダベリ場』概要
開催日時:毎月第4木曜日 14時30分~16時30分
会場:アートフォーラムあざみ野 交流ラウンジ
参加費:100円(茶菓子代)
申込み:直接会場へお越しください14時開場

問合わせ先:
男性介護者サポートネットワーク「かいご勝手連」
メール:kaigo-k@live.com
ファクス:045-901-5080

【情報源】
男のダベリ場チラシ

この記事を印刷する