小田原市は、尊徳ゆかりの福島県相馬・双葉地区の子どもたちへの支援を呼びかけています


市役所2階総合案内に設置した募金箱(小田原市ホームページより)

市役所2階総合案内に設置した募金箱(小田原市ホームページより)

小田原市は、東日本大震災で保護者を亡くした福島県相馬・双葉地方の子どもたちへの学費や生活費用の支援を受け付けています。

江戸時代後期の農村改革指導者・二宮尊徳の出身地である小田原。尊徳にゆかりの深い18の市町村でつくる「全国報徳研究市町村協議会」は、相馬・双葉地方のこども支援部会(部会長・小田原市)を設置して、保護者を亡くした子どもたちと被災地の子どもたちの健全な育成のため、広く支援を呼びかけています。

natural viagra foods

募金受け付けは3月29日(金)まで(期間を延長する場合もあり)。市役所本庁舎総合案内などに募金箱を設置しています。募金箱は、相馬の復興支援に取り組む「報徳の森プロジェクト」が間伐材を利用して作成したということです。

尊徳翁にゆかりの深い18の市町村で構成される「全国報徳研究市町村協議会」(平成24年度会長・静岡県御殿場市/平成25年度会長・神奈川県秦野市)では、この東日本大震災を受け、「相馬・双葉地方のこども支援部会」(部会長・小田原市)を設置し、親を亡くした子どもたち及び被災地の子供たちの健全な育成のために、皆様からの支援をお願いしております。

【引用元】尊徳翁ゆかりの相馬・双葉地区の子どもたちへ支援をお願いします(小田原市)

clomid for cheap

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/sontoku/topics/ki-20120132.html

http://viagra-canadian-pharma.com/

▽全国報徳研究市町村協議会とは(小田原市)

http://clomidgeneric-online.com/

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/sontoku/p09963.html

この記事を印刷する

福島の障がい者支援に 座間で小中学生らヒマワリの種収穫


ヒマワリの種を取り出す子どもたち(朝日新聞デジタルより)

ヒマワリの種を取り出す子どもたち(朝日新聞デジタルより)

座間市で実ったヒマワリの種を東日本大震災で被災した福島県の障がい者支援に役立ててもらおうと、8日、同市立西中学校で花から種を取り出す作業がありました。

市観光協会や市民団体の関係者、小中学生ら約350人が参加。

「ひまわりまつり」があったヒマワリ畑から花を集め、板に釘を打ち付けたブラシのような器具でゴシゴシと種を取り出した。中学2年の角田陽向(ひ・な)子さん(14)は「種を取るのはなかなか大変。少しでも被災者の仕事に役に立てればうれしい」と話した。

収穫した約1トンの種を「JDF被災地障がい者支援センターふくしま」に贈る。センターでは、原発事故の影響で仕事を失った障害者たちに、種を焙煎(ばい・せん)して油を取り出す作業をしてもらうという。ドレッシングやハンドクリームなどへの商品化も目指している。同センターは全国から種を集めている。

東日本大震災発生から、あす9月11日で1年半。座間市のヒマワリは復興支援にも活用されています。

【情報源】ヒマワリの種福島へ 座間で小中学生ら(朝日新聞デジタル)

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001209090003

▽リンク

JDF(日本障害者フォーラム)被災地障がい者支援センターふくしま

http://jdf787.com/

 

【関連記事】座間で「ひまわりまつり」を開催。アイドルグループ「カバーガールズ」を10月の「ひまわりフェスタ2012」キャンペーンガールに、任命式も。

http://kanamag.net/archives/44283

この記事を印刷する

コーヒー販売で「少しずつ長くできる復興支援を」 藤沢のカフェ


店員も薦める復興支援コーヒー(タウンニュース藤沢版ホームページより)

店員も薦める復興支援コーヒー(タウンニュース藤沢版ホームページより)

藤沢市鵠沼橘、藤沢駅近くのカフェ・グリーンチップ(石井敏仁オーナー)が、東日本大震災の継続的な復興支援をと、コーヒーの販売を始めました。売上げの25%を被災地の福島県に寄付します。

コーヒーで復興支援 売上げの25%を福島へ

東日本大震災から1年半、藤沢駅近くのカフェ・グリーンチップ(鵠沼橘・石井敏仁オーナー)が24日から、継続的な復興支援を目的としたコーヒーの販売を始めた。

 

継続的な復興支援を目指す 「福島への想いが詰まったコーヒー」。ぜひ味わってみませんか?

【情報源】コーヒーで復興支援 売上げの25%を福島へ(タウンニュース藤沢版)

http://www.townnews.co.jp/0601/2012/08/31/156101.html

この記事を印刷する

秦野の音楽家が福島の子ども支援。フォルクローレの音楽で「わ」になろう♪福島でコンサート開催、チャリティCD発売も


木下尊惇さんと山木屋小の児童ら(朝日新聞より)

木下尊惇さんと山木屋小の児童ら(朝日新聞より)

3/3に、福島県川俣町山木屋地区の川俣町中央公民館ホールで、山木屋小学校の5年生と秦野市在住のフォルクローレギタリスト、木下尊惇(たかあつ)さんによるコンサートがおこなわれます。
木下さんは、昨年の6/3に川俣南小学校など5カ所でフォルクローレのコンサートをおこない、それ以来福島の子どもたちと交流を続けてきました。
山木屋小学校の5年生とは、総合学習『Let’sうた博士』を展開、9月には生徒たちと「わ」という歌をつくりました。
この歌は木下さんの提案でCD化。3月の完成に合わせて、コンサートも開催することになりました。
神奈川から福島へ、音楽がつなぐ「わ」。応援したいですね。

神奈川県秦野市に住むボリビア音楽家木下尊惇(たかあつ)さん(49)の指導を受けて、5年生16人が詩をつくり、曲をつけた。
「手をつなごう/みんな仲良しわになって/友達思いはうれしいな/山木屋みんなわになろう」
 木下さんは、子どもたち16人が書いた詩をみんなで鑑賞しながら、気に入った言葉を一つずつ選び、1本の詩にまとめあげた。音符を使わず、鼻歌からメロディー、ハーモニーを全員でつけていった。
「彼らの歌は復興の力になるはず」と木下さんは考え、CD制作を持ちかけた。児童たちは1月下旬、川俣町中央公民館でレコーディングに挑戦。3月にCDが完成する。
3月3日には川俣町でコンサートも計画している。

【情報源】
asahi.com:友情を歌った曲 「わ」 音楽家とCDに-マイタウン福島
http://bit.ly/AdOGud
▽リンク
山木屋のわ CD制作&コンサート ご支援のお願い
http://bit.ly/zUVaDP
Takaatsu Kinoshita/木下尊惇オフィシャルサイト
http://www7b.biglobe.ne.jp/takataka-office/

この記事を印刷する

ハーモニーホール座間で、チャリティー寄席開催!福島県出身の三遊亭兼好さんが呼びかけて。笑って寄付して、被災地を応援!


三遊亭兼好さん/なるほど がってんポッドキャスティングHPより

三遊亭兼好さん/なるほど がってんポッドキャスティングHPより

この夏、いろいろなところで開催されている「チャリティー寄席」。ハーモニーホール座間でも開催されますよ!
三遊亭兼好さんは、福島県会津市の出身。「一日も早い復興」を願い、無償出演の有志メンバーと、開催することになったそうです。 続きを読む

この記事を印刷する