親子で三浦野菜の栽培・収穫を体験してみませんか?


待ちに待ったダイコンの収穫!(2011年度の体験の様子、神奈川県ホームページより)

待ちに待ったダイコンの収穫!(2011年度の体験の様子、神奈川県ホームページより)

神奈川県では、親子で農業の魅力や大切さにふれる9月からのイベント「かながわ農業発見隊」の参加者を募集しています。三浦市で種まき、間引き、収穫と、ダイコンがつくられる3つの工程を体験してみませんか?

対象は、小中学生とその保護者。体験日は9月8日と29日、11月10日(いずれも土曜)を予定しています(日時は天候や生育状況によって変更の可能性あり)。ダイコンがつくられる主要3工程の体験に加えて、三浦野菜の畑を整備する現場など、農業用施設も見学できます。体験で栽培したダイコンは持ち帰ることができます。応募の締め切りは8月19日。

かながわ農業を知ってみたい!農作業を体験してみたい!と思いませんか?
神奈川県では、都市住民の方々が農地や農業用水などの都市にはない資源と関わりを持つ機会を提供しています。
より多くの方々に農村に「来て」「見て」「ふれて」「感じて」いただき、農業の魅力や大切さを「親子で発見!」するイベントを開催しています。

【情報源】かながわ農業大発見!~三浦フレッシュやさい栽培収穫体験2012~参加者募集中!(神奈川県ホームページ)

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f160557/

 

この記事を印刷する

市民農園以上の耕作を目指す15歳以上に農地を貸し出す「かながわ農業サポーター制度」についての説明会を今月、来月、計2回実施。参加者募集中。


かながわ農業サポーター制度の御案内リーフレット(神奈川県ホームページより)

かながわ農業サポーター制度の御案内リーフレット(神奈川県ホームページより)

2007年より神奈川県では、市民農園以上の耕作を目指す15歳以上で、且つ申請要件を満たす方に、県が農地を貸し出す「かながわ農業サポーター制度」を導入しています。2年以上の農業従事者または農業系教育機関出身者、その他研修等の修了者などが対象ですが、生き甲斐を持って農業に取り組む意欲のある中高年の方にはおすすめの制度です。

詳しくは説明会にご参加下さい。第1回8月27日14:00〜 神奈川県庁本庁舎3階 大会議場、第2回9月5日14:00〜 日本大通り7ビル5階 500会議室にて。問い合わせは県環境農政局 農政部 農地保全課 農地活用グループ【電話】045-210-4475

本県農業における、担い手の高齢化や後継者不足、耕作放棄地といった課題を解消するために、市民農園規模以上に耕作をしたいという意欲と一定の栽培技術を持った方が、販売を視野に入れて農業に取り組む制度です。これにより、農業者以外の方が農業に取り組むことによる耕作放棄地の解消と農地の保全を目指しています。なお、この制度は主に中高年の方々を対象としていて、参入面積を1,000から3,000平米程度としています。農業で生計を立てることを目指す方は、認定就農者制度の利用を検討してください。

【情報源】
かながわ農業サポーター制度の御案内(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4686/

この記事を印刷する

【神奈川キーワード】「かながわ農業サポーター」とは?


神奈川県ホームページより

かながわ農業サポーター制度とは、2007年(平成19年度)から始まった神奈川県独自の制度です。神奈川県の農業における、担い手の高齢化や後継者不足、耕作放棄地といった課題を解消するために、市民農園規模以上に耕作をしたいという意欲と一定の栽培技術を持った方が、販売を視野に入れて農業に取り組む制度です。これにより、農業者以外の方が農業に取り組むことによる耕作放棄地の解消と農地の保全を目指しています。

なお、この制度は主に中高年の方々を対象としており、参入面積を1,000から3,000平米程度としています。農業で生計を立てることを目指す方は、認定就農者制度の利用をご検討ください。

◆『かながわ農業サポーター事業』説明会のお知らせ
かながわ農業サポーターを目指す方を対象に、次のとおり説明会を開催します。両日とも内容は同一です。どちらか都合の良い日に参加してください。

第1回
日 時:8月27日(月)14時~16時
場 所:神奈川県庁本庁舎3階 大会議場

第2回
日 時:9月5日(水)14時~16時
場 所:日本大通り7ビル5階 500会議室

内 容:
(1)かながわ農業サポーター制度の概要について
(2)認定就農者制度(かながわ農業サポーター以外の就農制度)について
(3)農地の貸し借りについて
(4)農業協同組合の概要について
(5)農産物を販売した場合の売上げの申告について
(6)参入者の事例紹介
(7)かながわ農業サポーター意向確認調書について

▽詳細はこちら
かながわ農業サポーター制度の御案内 – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4686/

この記事を印刷する

横須賀・津久井浜観光農園で、メロン狩り今月16日まで-糖度が高く、甘い香りの高級マスクメロン「アールスナイト」中元や贈答品にいかが?


観光農園のメロン「アールスナイト」(MSN産経ニュースより)

津久井浜観光農園で栽培されている高級マスクメロン「アールスナイト」は、大玉で甘さ香りともに高く、中元や贈答品にぴったりだそうです。

入園料(3歳以上)はメロン1個収穫と4分の1カットのメロン試食で2500円。園内見学と4分の1カット試食は500円で楽しめます。

下記でご紹介している関連記事、Fm yokohamaの「i-MiEV 神奈川お出かけグルメレポート」のブログ記事でも、横須賀市津久井でのメロン狩りの様子が詳しく写真入りでご覧いただけます。

津久井浜観光農園は、京急線津久井浜駅から歩いていける、ツツジで有名な武山(標高201m)、の麓にあります。三浦半島は気候が温暖なため、他よりも一足早く、春のいちご狩りや秋のみかん狩りが楽しめるスポットです。案内所では、津久井浜観光農園の農家がつくった野菜や漬物、ジャム等も直売していますので、ぜひお立ち寄りください。

津久井浜観光農園(神奈川県横須賀市津久井)で「メロン狩り」が行われている。16日まで。

【情報源】
糖度、香り良し! 横須賀で16日までメロン狩り – MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120703/kng12070320490002-n1.htm

【参考ページ】
JAよこすか葉山ホームページ|津久井浜観光農園|案内図
http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5128/kanko/map.html

【関連記事】
i-MiEV 神奈川お出かけグルメレポート – Fm yokohama 84.7 横須賀市津久井でメロン狩り♪
http://blog.fmyokohama.jp/gourmet/2012/07/post-da8e.html

この記事を印刷する

平塚の花菜ガーデンで、約890品種・1100株のバラが咲き誇る「ローズフェスティバル」-バラ園ガイドツアーやバラをモチーフにしたグッズも好評!


神奈川県ホームページ 「かながわ散歩」今が旬!注目のトピックスより


「神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン」では、6月30日まで、「ローズフェスティバル」を開催中です。紀元前後から栽培され始めたといわれているバラは、世界中で愛され、現代も美しい品種が次々と作り出されています。

バラの形や色、香りなどは、時代や流行によって変化していますが、花菜ガーデンのバラ園「薔薇の轍(わだち)」は、園内を観賞しながら長いバラの歴史が自然とわかるように植栽されているのが特徴。

ローズフェスティバル開催中は、ボランティアガイドが案内する「バラ園ガイドツアー」を実施しているので、ぜひご参加ください!

神奈川県ホームページの「かながわ散歩」で特集されているローズフェスティバル。その中で、私が一番気になったのは、1976年に殿堂入りした「ピース」というバラです。「モダンローズ」の中でも「20世紀を代表する名花」といわれ、3年ごとに開催される「世界バラ会議」で初代殿堂入りしたそう。どんな香りなんでしょうね。会場ではバラの香りNo.1を決める人気投票も行っているそうなので、お気に入りのバラに一票を投じてみてくださいね。

「花菜ガーデン」は、多くの人に園芸や農業に親しんでもらいたいというコンセプトのもと、年間を通じてさまざまなイベントが開催されています。田植え体験や料理研究家 中山桜甫さんプロデュースの旬の野菜を使った料理教室(※いずれも事前申し込みが必要)などもありますので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

花菜ガーデン(神奈川県立花と緑のふれあいセンター・平塚市寺田縄)では、ローズフェスティバルを開催中(6月30日まで)です。今年で開園3年目となり、バラにもボリューム感がでてきました。約890品種、約1100株のバラが咲き誇り、広々とした園内にバラの香りが漂います。

【情報源】
ようこそ花菜ガーデンへ(前編) – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/promotion/topics/

ようこそ花菜ガーデンへ(後編) – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/promotion/topics/kanagarden2.html

▽リンク
神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン公式サイト
http://www.kana-garden.com/index.html

この記事を印刷する