「宮ヶ瀬ダム」の観光放流、毎週水曜に実施中。1秒で500mlのペットボトル6万本分の放水。晴れた日には七色の虹が!!


かながわスタイルスタッフブログ(神奈川県広報課)

 神奈川県広報課が運営している「かながわスタイル」。新採用職員で広報課に配属された若手職員が、この「かながわスタイル」のスタッフブログに書いた情報からご紹介します。

 宮ヶ瀬ダムは、横浜や川崎の市街地から約40km、相模原市緑区にある首都圏最大のダムです。2001年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、中津川に完成しました。

 人造湖の宮ヶ瀬湖は、神奈川県に欠かせない水源地の一つです。自然公園としての機能をもった首都圏近郊の観光スポットとして、年間を通じてたくさんの方々が訪れています。

 スタッフブログでは、宮ヶ瀬ダムのほかに、県の広報番組の取材で巡った、「自然環境保全センター」、「花菜ガーデン」も紹介されています。

 次に向かったのは「宮ヶ瀬ダム」。インクラインでダムの下部に向かうと、なんと幸運にも観光放流に遭遇!!(^^)

 もちろんその日時を狙ったわけではないですよ。そして遠足に来ていた子どもたちと一緒に放流を見学。間近で見るとすごい迫力で、ただただ、見とれていました…(‘д’)

 放流量は1秒でなんと!!30立方メートル!!つまりは500ミリリットルのペットボトル6万本分です。すごいですね。さらに私がボーっと見とれていると、先輩が見学用の橋の反対側にキラキラ輝く七色の「虹」を発見!!*

 観光放流は4月~11月の毎週水曜日と毎月の第2日曜日、11時~と、14時~の2回でおこなっておりますのでみなさん、是非1度行ってみて、虹を探してみては?私のように観光放流にボーっと見とれていては発見できませんよ(^-^)♪【情報源】
かながわスタイルスタッフブログ ‐2011.7月(神奈川県広報課)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8205/p330537.html

この記事を印刷する