【動画】『はい!もしもし、大塚薬局ですが』予告編 -舞台となった勝又悠監督の出身地南足柄の豊かな自然にも注目!


映画『はい!もしもし、大塚薬局ですが』予告編

先ほどタイムラインでご紹介した勝又悠監督の映画『はい!もしもし、大塚薬局ですが』の予告編をお届けします!恋もおしゃれも忘れた薬局の中年女性店長が、恋する女子中学生との出会いを通し、恋のうれしさや切なさを思い出していくヒューマン・ストーリーです。

店長を、『アキレスと亀』­『眉山 -びざん-』の円城寺あや。物語の鍵を握る女子中学生を、AKB48のメンバーであり、本作が映画初主演となる小林香菜が演じています。監督は『オードリー』の勝又悠。リアルに­描かれた思春期特有の心情やコミカルな会話、監督の故郷でもある南足柄のロケーションなど、見どころが満載です!
配給:プロジェクト ラム/エアプレーン レーベル
▽『はい!もしもし、大塚薬局ですが』オフィシャルサイト
http://stroborush.com/otsuka/

投稿者:cinematodayさん
投稿日:2011/03/28
撮影場所:小田原市南足柄他

この記事を印刷する