【動画】小田原漁港「みなとまつり」に4万8000人、魚タッチやアジの干物づくり、漁船クルーズも


小田原みなと祭り

「みなとまつり」が行われていた8月7日は、私も軽トラ朝市の取材で小田原へ行き、会場前を車で通りましたが、とってもにぎわっていましたよ。魚タッチや干物づくり体験などユニークなイベントが盛りだくさんだったようです。当日の来場者数はなんと4万8000人!今回は会場に募金箱を設け、集まった義援金は日本赤十字社を通じて復興支援に役立てられるそうです。

投稿者:cityodawaraさん
投稿日:2011/08/09
場所:神奈川県小田原市

小田原漁港(小田原市早川、TEL 0460-22-4475)で8月7日、「小田原みなとまつり」が開催された。今年で21回を迎えた同イベントは、震災復興を応援するために「がんばろう日本 元気を出そう小田原」を合言葉に展開。当日は、新鮮な魚の即売など21店や16の展示ブースが出店したほか、漁船で沖合をクルーズするなど13の体験型の催しも行われた。

会場には、プールの中の生きた魚と直接触れ合うことができる「タッチングプール」や「アジの干物づくり教室」、早川の河川敷での「アユのつかみどり」などの体験ブースも用意。多くの家族連れや子どもたち、観光客でにぎわった。

【情報源】
小田原漁港「みなとまつり」に4万8000人-震災復興応援で – 小田原箱根経済新聞
http://odawara-hakone.keizai.biz/headline/645/

この記事を印刷する