【動画】小田原片浦地区のみかん農園で元気に働く、鈴木敏江さん(75歳)にインタビュー。ここではどんな種類のみかんを生産しているんですか?


小田原の片浦地区のみかん農園で元気に働く鈴木敏江さん

神奈川県小田原市の片浦地区では、昔から地元の農家さんが愛情を注いで極力農薬を使用しない安心・安全な国産レモンやみかんなどの柑橘類を生産してきました。高齢化が進む­片浦地区で今も元気に働く鈴木敏江さん75歳にインタビューしました。

敏江さんは、先日かなマグ.netの動画インタビューに登場していただいたFMおだわら局長鈴木伸幸さんのお母様です。鈴木さんが手掛けているプロジェクト「片浦レモンサイダー」に使われるレモンの生産もしています。

夏の時期はバレンシアオレンジが収穫されます。敏江さんが農園にお嫁に来た50年くらい前から生産しているそうです。当時は東京の神田に卸していたそうですよ。農薬などを­ほどんど使っていないため、見た目の色がやや落ちますが、味は酸味と甘みのバランスがよく、とてもみずみずしく、昔ながらのやさしい味が楽しめます。

撮影&レポーターはかな­マグ.net編集­部の芦原陽子で­す。

投稿者:kanamagさん
投稿日:2011/08/9
場所:神奈川県小田原市片浦地区 みかん農園

この記事を印刷する