【動画】若手職人 露木清高さんが、進化し続ける箱根寄木細工の”今”を語ります


露木清高さん

「株式会社露木木工所」(小田原市早川2)の若き職人として働く露木清高さんのインタビューを映像でお届けします。

伝統的な寄木細工と、現代のエッセンスを加えた新しい寄木細工の魅力­を比較しながら紹介してもらいました。

箱根寄木細工は、伝統工芸として基本的な技術は受け継がれながらも、時代ごとに新しい要素を組み入れ進化してきたからこそ、生活の中で使われ、現在まで残ってきました。そ­んな職人のチャレンジ精神が光る作品を手にすると、わくわくしてきますね。

露木清高さんは、箱根寄木細工若手職人6人によるグループ「雑木囃子(ぞうきばやし)」の代表として、2011年9月9日~13日にフランスのパリで行われた欧州最大のイ­ンテリアとデザインの国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」に初出品し、世界デビューを果たしました。

撮影&レポーターはかな­マグ.net編集­部の芦原陽子で­す。

◆お知らせ◆
11月4日~11月6日まで、小田原宿なりわい交流館で開催中の「いぶき展」に、「雑木囃子」メンバー4人の作品を出品中ですので、ぜひお立ち寄りください!詳細は下記の関連記事をご覧ください。

投稿者:kanamag
投稿日:2011/11/04
撮影場所:小田原市早川

【関連記事】
結成6年目の快挙!パリの国際見本市へ初出品-箱根寄木細工若手職人グループ「雑木囃子」代表 露木清高さん かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/22108

伝統工芸に新たな“いぶき”を-寄木細工や指物など小田原箱根エリアで木工業に携わる若者14人がジャンルを超えて作品展開催 かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/23597

この記事を印刷する