【動画】鎌倉市の面白法人カヤックがブラウザ上で観覧できるHTML5花火大会開催-史上初!?


カヤックHTML5花火大会 オリジナルWebサービス事業を展開する鎌倉市の面白法人カヤックの新企画。
ユーザーがブラウザ上でつくった花火作品を共有することができるWebサービスが始まりました。花火数は約400発。花火師さながらに、大きさ、色、爆発位置をコントロールできるそうです。ナイアガラ、スターマイン、線香花火、ねずみ花火などなど。今後、花火はどんどん増えていく予定だそうです。

投稿者:jsdoitteam さん
投稿日:2011/07/06

以下、同社のプレスリリースより引用

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、 代表取締役CEO:柳澤大輔、以下「カヤック」 )が運営する、JavaScript、HTML5、CSSの共有投稿コミュニティ「jsdo.it – share JavaScript, HTML5 and CSS.」(以下「jsdo.it」)にて、2011年7月7日より、「HTML5花火大会」を開催いたします。
jsdo.itのユーザーがHTML5でつくった花火作品を公開。
厳選30シーンに続き、投稿された花火作品がランダムにうちあがります。

jsdo.itは、ユーザーがブラウザ上でJavaScript、HTML5、CSSでコードを書き作品を共有することができるWebサービスです。他のユーザーのコードを「Fork」して、一部改編し、新しい作品をつくることもできます。「HTML5花火大会」ではこの機能を活用し、HTML5で花火師さながらに、大きさ、色、爆発位置をコントロールします。

7月7日現在、ユーザーから約400発の花火作品が集まり、その作品を本日から特設サイトで公開しています

【情報源】
カヤックニュース
http://www.kayac.com/news/2011/07/html5_fireworks

この記事を印刷する