【動画】3/12 箱根仙石原にあるすすき草原で、毎年恒例の野焼きが行われました。


3月12日(火)、箱根町の仙石原で、春を迎える恒例の行事「すすき草原野焼き」が行われました。

元々ススキ草原は、地元の住民が茅葺き屋根の茅や敷き藁を集める採草地として維持されてきました。しかし、時代とともにその役目を終え、放置された結果、灌木(かんぼく)が生えはじめ、草原らしい景観が失われ始めました。ススキ草原の森林化が進むことで、隣接した仙石原湿原の存続も危ぶまれるようになってきたのです。

仙石原湿原とススキ草原の景観を維持するために、平成元年から「すすき草原野焼き」をはじめました。仙石原のススキ草原は、地域の方々が参加する野焼きによって維持されているのです。

投稿者:ガラスの森 箱根 さん
投稿日:2013/03/11
撮影場所:箱根町 仙石原

【参考情報】
▽☆箱根仙石原温泉NAVI
http://www.sengokuhara.info/
▽箱根仙石原 ススキ草原を守る野焼き | 出かける | 連載コラム「エコレポ」|| EICネット『エコナビ』
http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/go/74

この記事を印刷する