【7月17日公開!】国の有形文化財に登録されている「神奈川県庁本庁舎」が毎月第三日曜日に公開しているって知ってた?知事室も見学できるよ。


神奈川県ホームページ

神奈川県庁舎は、昭和3年(1928)に建てられた、本県本庁舎としては4代目の建物です。
平成8年に国の有形文化財として登録されました。日本趣味のある洋風建築で、
昭和初期に流行した「帝冠様式」建築の先駆けといわれています。

知事が執務する現役の庁舎としては、大阪府庁本館に次いで全国で
2番目に古い都道府県庁舎だったとは・・・私も知りませんでした。

7月17日の公開日は、本庁舎公開と併せて物産・観光プラザ「かながわ屋」
による県庁グッズ及び県産品の販売並びに武家の古都鎌倉(世界遺産登録を目指して)
のパネル展示等を行うそうです。休日のひと時、県民のみなさんの財産である
神奈川県庁本庁舎をゆっくりと見学してみるのはいかがでしょう?

神奈川県庁本庁舎を毎月第三日曜日に公開します

◆公開日
(平成23年度) 毎月第3日曜日
 ① 6月19日(終了しました)
 ② 7月17日 ③ 8月21日 ④ 9月18日 ⑤ 10月16日 
 ⑥ 11月20日 ⑦ 12月18日 ⑧ 1月15日 ⑨ 2月19日 ⑩3月18日

◆ 公開時間
 午前10時~午後4時

◆公開部分
 神奈川県庁本庁舎(横浜市中区日本大通1)
〔3階〕
 ①知事室(扉の外からご覧いただきます)
 ②第三応接室(旧貴賓室)
 ③大会議場(旧議場)
〔6階〕
 ④展示コーナー(写真パネルや模型の展示)
 ⑤屋上(港を一望)

◆実施方法
 公開部分を自由に見学していただきます。(無料)
 入口で氏名、住所(市町村名)のご記入をお願いします。
 なお、電力事情により公開を中止する場合があります。

【情報源】
「県庁本庁舎」の一般公開について – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300118/

この記事を印刷する