あの感動が蘇る!大和市で「なでしこジャパン」川澄奈穂美選手の記念品を展示中、今月20日まで


川澄奈穂美選手記念品展示

市役所での記念品展示の様子/大和市ホームページより

今年6月から7月にかけてドイツで行われた女子ワールドカップで見事優勝を飾ったなでしこジャパン。そのメンバーとして活躍した川澄奈穂美選手ゆかりの品々が、大和市で一般公開されています。

川澄選手は大和市出身で、小学校時代から地元の女子クラブチームに所属。2008年からはINAC神戸レオネッサに入団してプレーしています。ワールドカップでは準決勝のスウェーデン戦で2ゴールを挙げるなど活躍し、決勝でも同点ゴールの起点となるなど初優勝に大きく貢献しました。

今回はご家族のご厚意により、ワールドカップ優勝メダル、ユニフォーム、国民栄誉賞記念品などが展示されているそうです。場所は今月7日から11日は大和市役所1階のロビーでしたが、現在は大和スポーツセンター体育会館1階ロビーに移っており、今月20日までの予定となっています。

大和市にはほかに大野忍選手、上尾野辺めぐみ選手もゆかりがあり、凱旋パレードや「大和なでしこ賞」表彰なども行われました。彼女らの活躍に刺激を受け、次代のスターたちが生まれることも期待したいですね。

市では、なでしこジャパンのメンバーとして、サッカー女子ワールドカップ優勝に貢献した本市ゆかりの大野忍選手、川澄奈穂美選手、上尾野辺めぐみ選手に対し、凱旋パレードや「大和なでしこ賞」表彰などを行い、その栄誉を称えました。周知のとおり、3選手は、団体では初めてとなる国民栄誉賞を受賞するなど、本市が誇るアスリートであり、今後の活躍が期待されています。今回、川澄選手のご家族のご厚意により、市にワールドカップ優勝メダル、ユニフォームなどを特別にご提供いただきました。そこで、市民の皆さんに川澄選手ゆかりの品々を披露する記念品展を開催しています。

【情報源】
川澄奈穂美選手 記念品展を開催(大和市ホームページ)
http://www.city.yamato.lg.jp/web/hisyo/nadeshiko-kinen.html

この記事を印刷する