がん体験者による支援「ピアサポート」。10月から横須賀でも開始!がんの早期発見と患者支援を地域でサポート


「がんの先輩」が精神的な支えに(相模原協同病院での相談の様子)/タウンニュース横須賀版より

「がんの先輩」が精神的な支えに(相模原協同病院での相談の様子)/タウンニュース横須賀版より

先生や看護師ではなく、実際にがんを体験した人が、がんに関する相談に乗るという「ピアサポート」。神奈川県内では既に、相模原協同病院(相模原市緑区)、KADOBEYA(カドベヤ・横浜市中区)で行われていますが、本日10月6日から、横須賀共済病院(横須賀市米が浜通)でもスタートします!
相談は無料で、予約も不要。毎週木曜日10時~15時(年末・年始、祝日等を除く)に面接での相談を受け付けます。(電話での相談は行っていません)

医師や病院の紹介などは行いませんが、実際にがんを体験した人の声は、実際に今がんと闘っている本人や患者の家族へ、力強いサポートになるのではないでしょうか。

県の「がん対策」では、たばこ対策・早期発見のための検診体制の整備・がん医療と地域での患者支援―の3つを柱に取り組みを進めている。

【情報源】
がん体験者が聞き役に | 横須賀 | タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0501/2011/09/30/119568.html
▽リンク
がん患者とその家族をサポートします! – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p379516.html
都道府県別のがん対策推進計画とアクションプラン : がん政策情報センター:市民医療協議会 日本医療政策機構
http://ganseisaku.net/practices/archives/plan/local/gan_keikaku.html

この記事を印刷する