ボランタリー活動の活性化と寄付のかかわりを考える〜シンポジウム「今、改めて考える寄付」7月23日に開催


7月23日に横浜で開催されるシンポジウム「今、改めて考える寄付」

7月23日に横浜で開催されるシンポジウム「今、改めて考える寄付」

認定NPO法人に寄付をした個人が寄付金控除を受けられるなど、所得税の税額控除制度の導入や、認定NPO法人になるための条件変更などを内容とする「新寄付税制」が盛り込まれた税制改正法案が6月22日に成立しました。
東日本大震災の復興支援をはじめ、市民のボランタリーな活動を支える寄付制度に改めて注目が集まっています。
神奈川県でも、23日14時半〜16時半に、横浜情報文化センター(横浜市中区日本大通11)でシンポジウム「今、改めて考える寄付」が開催されます。
市民の自律性を尊重しながら、公益的な活動をしていく際に欠かせない「お金」について、寄付という側面から考えてみませんか?

▽日時
2011年7月23日(土曜) 14時半〜16時半
▽会場
横浜情報文化センター ホール(神奈川県横浜市中区日本大通11)
交通:みなとみらい線「日本大通り駅」情文ホール口より0分
▽プログラム
○パネリスト活動紹介
寄付促進に先駆的に取組むパネリストによる活動内容の紹介
○パネル討論
パネリストによる寄付の今日的意義や課題に関する討論と提言
○県の取組みに対する意見募集について
県の寄付促進の仕組みづくりに向けた検討内容に対する意見募集の案内
▽パネリスト
地方の寄附税制議論をリード
跡田 直澄 氏 (嘉悦大学副学長・教授)
社会起業家として注目を集める
駒崎 弘樹 氏 (NPO法人フローレンス代表)
“クリック募金”の先駆者
関根 健次 氏 (ユナイテッドピープル(株)代表)
▽参加料 無料
▽申込み・問い合わせ
神奈川県県民局NPO協働推進課 NPO支援グループ
電話(045)312-1121内線2862~2864
FAX(045)312-1166

【情報源】
神奈川県県民局 県民活動部 NPO協働推進課

この記事を印刷する