世界初の快挙! 平塚市の稲光産業が、骨組みが渦巻き状の「うずまき傘」を開発したそうです


「トレンドたまご」より(テレビ東京公式サイト)

 通常の傘は中心からまっすぐ傘の骨が組まれていますが、「うずまき傘」は骨格が渦を巻く構造になっています。

 骨組みが渦巻き状になっている傘の開発は世界初だそうです。強い風が吹いて傘が裏返しになるような事態になっても、簡単に元の形に復元できます。

 平塚市の稲光産業が、先端の部分の縫製にゆとりを持たせるという工夫をしたことで実現したとのこと。これまで誰もつくることができなかった「うずまき傘」、国内最大手の傘メーカー「ムーンバット」で、販売が検討されているそうです。

ギズモード・ジャパンの記事より

神奈川県平塚市の「稲光産業」が渦巻状の骨組みを持つ傘を開発したそうです。

傘で渦巻状の骨組みを作ることは難しく、5年間の試行錯誤の末、ようやく完成させたそうですよ。現在の傘が開発されたのが18世紀のイギリスだったそうなので、この新しい渦巻き傘が商品化され、世界中に普及すれば…3世紀ぶりの快挙になるんでしょうかね。

渦巻き傘の特長は以下の3点だそうです。

・渦巻き状の骨組みを持つ傘は、世界初らしい
・強風を受けて裏返っても、すぐに元に戻せる
・通常の傘よりも、損傷しにくい

【情報源】
この傘、骨組みが渦巻いているよ!  神奈川の会社が5年の歳月をかけて渦巻き傘を完成させる (ギズモード・ジャパン)
http://www.gizmodo.jp/2011/07/uzumaki_kasa.html

テレビ東京の「トレンドたまご」のWEBサイトでは映像で紹介されています。

商品名 渦巻き傘

商品の特徴
世界で始めて開発に成功した骨組みが渦を巻く傘。強風で裏返ってもすぐに元に戻すことができ、非常に損傷しにくい。風を受けて回転も可能で、商業用のパラソルなどに応用可能。現在、国内大手傘メーカー「ムーンバット」にて発売が検討されています。

問い合わせ 稲光産業(有)
住所 神奈川県平塚市3−21−7
価格 未定
発売日 未定

【情報源】
うずまき傘:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_2200/

この記事を印刷する