中ムラサトコさん産休明け初!横浜市民ギャラリーあざみ野で、未就学児と保護者を対象とした五感を使ったワークショップ


未就学児向けワークショップ風景(横浜市民ギャラリーあざみ野サイトより)

横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市青葉区あざみ野南1)の子ども事業には、年間で1万名を超える地域の子どもたちが参加しています。自分の手や目、心と体をつかってのびやかに活動することを通して、子どもたちの心身の健やかな成長を育むことを目的とした楽しいワークショップが充実しています。

10月26日のワークショップは、強烈なボイスパフォーマンスと、オルガン弾き語り、太鼓の叩き歌いで、独自の音楽を展開する中ムラサトコさんと「ドウイの実験室」にて、こども造形教室を行っている小野亜斗子さんと轟岳さんによるユニットが講師を務めます。 中ムラさんは産休明け初めてのワークショップになります。申し込みの締め切りは本日10月12日まで!お急ぎください。

◆子どものためのプログラム
「おばけはどこにいった?ひかりとかげであそぼう」
開催日時:10月26日10時~11時30分
対象者:未就学児(1歳6ヶ月~)とその保護者(保護者一人につき子ども2名まで可)
定員:各15組
講師:中ムラサトコ、ドゥイ
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市青葉区あざみ野南1)
参加費:一組1,000円(材料費込)
応募締切: 10月12日必着
申し込み方法:下記サイトよりお申し込みください

【情報源】横浜市民ギャラリーあざみ野サイト 子どものためのプログラム
http://artazamino.jp/organized-events/art-program-for-children/

【関連記事】
お母さんも夢中になって遊んでほしい-音楽家の中ムラサトコさんが親子で楽しめるワークショップを開催-横浜市 かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/11695

この記事を印刷する