伊勢原と台湾の少年たちが野球で交流!スポーツを通した国際親善、素敵な夏休みの思い出になったのでは?


試合前にプレゼントを手渡す台湾の子ども達/タウンニュース伊勢原版より

試合前にプレゼントを手渡す台湾の子ども達/タウンニュース伊勢原版より

この親善試合は、昨年から企画をあたため、今年ようやく実現したものだそうです!
日本も台湾も、共に野球が盛んな国。王貞治さんをはじめ、台湾出身の選手も、多く日本で活躍していますよね!

ルールが共通のスポーツは、言葉が通じなくても一緒に楽しめるもの。
このような国際交流の形で、自然と想いが広がっていくといいな、と思います。

伊勢原ロータリークラブ(假屋瀬和弘会長・42人)は7月30日、台湾高雄東南ロータリークラブ(何水立会長)との友好クラブ締結15周年を記念し、台湾の高雄市の子ども達を招き、市内鈴川の鈴川球場で国際親善少年野球大会を開催した。

【情報源】
少年野球で国際親善 | 伊勢原 | タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0405/2011/08/05/113695.html

この記事を印刷する