伊勢原市の日向薬師が350年ぶりに平成の大修理。国指定重要文化財の修理を見守る3人のキーパーソンをインタビュー!現場での貴重な写真も続々


平成の大修理 日向薬師 宝城坊ー国指定重要文化財の修理現場ー(かながわスタイルサイトより)

伊勢原市にある日向薬師は、日本三薬師のひとつと言われており、昔から多くの人々の信仰を集めてきました。貴重な文化財が多く集まる日向薬師ですが、本堂(国指定重要文化財「宝城坊本堂」)の損傷が進んでしまったため、約350年ぶりの解体修理が行われています。

奈良時代に開創したといわれている寺院の歴史ある文化財の大修理に、所有者の方、国・県・市などの行政機関が協力をして取り組んでおり、伊勢原市教育委員会文化財課 立花実さん、公益財団法人 文化財建造物保存技術協会(宝城坊本堂 設計監理事務所所長)矢野昭洋さん、日向薬師・宝城坊 住職内藤京介さんへのインタビューを「かながわスタイル」がお届けします!

「かながわスタイル」通称「かなスタ」は、神奈川県の「かながわブランディング」の取組みの中のひとつの発信ツールです。産業と高度な技術力、豊かな自然・歴史・風土に彩られた地域性や、先進的で独自の政策など、優れた地域資源をもつ神奈川の「すがた」と、これらを背景として神奈川でくらす人々の「生活、行動、考え方」といった神奈川らしさを伝えるべく、当サイト「かなマグ」とタッグを組んで魅力あふれる神奈川の最新情報をご紹介しています。
▽かながわスタイルトップページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8205/

【情報源】
ピックアップ 平成の大修理 日向薬師・宝城坊 -国指定重要文化財の修理現場-(神奈川県ホームページ/かながわスタイル)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8205/p381438.html

この記事を印刷する