修学旅行のコースにどうぞ!三浦市で漁業体験、横浜市で文化観光。両市のタッグが決定しました!


三浦市内の民宿で、干物作り体験を楽しむ修学旅行生(同市提供)カナロコより

三浦市内の民宿で、干物作り体験を楽しむ修学旅行生(同市提供)カナロコより

神奈川って、北海道内の公立中学校の修学旅行先、東京に次いで2位なんだそうです!
もっともっと神奈川に来てほしい!そんな思いで、文化・歴史の町横浜市と、都心に近いのに漁業体験ができる三浦市がタッグを組みました!
修学旅行に来てくれた皆さんが、もっともっと神奈川を好きになってくれたらうれしいですね♪

 横浜市と三浦市が、県外からの修学旅行の獲得に向けて連携を図ることを決めた。文化や歴史、都市ブランド力を誇る横浜市と、自然豊かな三浦市。 
 「横浜には文化や歴史はあるが、大勢の生徒が漁業体験をするのは難しい」と同ビューロー国内誘客セールスグループマネジャー中田明さん。そこで着目したのが三浦市だった。
 同市は役所内に営業開発課を組織するなど修学旅行誘致に力を入れてきた。地元の民宿などと連携し、ヒジキ漁や干物作りの体験、マグロの解体ショーなど、地域の特色を生かしたユニークなメニューを提案。昨年度は小中高計151校が訪れたという。
 「修学旅行の場合、子どもたちの思い出の地として記憶に残ることで、将来のリピーターになることが期待できる」と同課の大澤克也課長。受け入れる施設にとって、平日の稼働率を高められるメリットもあるという。
 現在、年間3万人の受け入れ実績を持つ横浜としても三浦市との連携により、「2013年度までに5万人に増やす」との目標に近づけたい考えだ。

【情報源】
修学旅行誘致へ横浜市と三浦市が連携、歴史と自然の相乗効果狙う:カナロコ — 神奈川新聞社
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1108080031/

この記事を印刷する