国際手づくり絵本コンクールで荏田町在住の金澤麻由子さん(29)が最優秀賞-柔らかい文体と小鹿の心情を繊細なタッチで描写


作品「きみのいる家」と金澤さん

金澤さんは神戸市出身。京都の美術大学で油絵やメディアアートを6年間学び、4月から横浜美術大学に助手として勤めています。

受賞作品『きみのいる家』は、母親と逸(はぐ)れた迷子の小鹿と余命わずかの白テンの物語。2匹が一緒に暮らす中で、互いを思いやる気持ちが芽生えていきます。柔らかい文体と小鹿の心情を繊細なタッチで描写する、高い画力が評価されました。

かわいらしい小鹿が表紙を飾っています。心温まる内容で、子どもたちへの読み聞かせにも良さそうですね。

絵本専門図書館「射水市大島絵本館」(富山県)が主催するおおしま国際手づくり絵本コンクールで荏田町在住の金澤麻由子さん(29歳)の作品『きみのいる家』が最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞した。

【情報源】
金澤さん(荏田町在住)が最優秀賞 青葉区 タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0101/2011/08/18/114154.html

この記事を印刷する