年末の風物詩。神奈川フィル「第九」の特別演奏会が、小田原と横浜で開かれます


公演チラシ(神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホームページより)

公演チラシ(神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホームページより)

年末の風物詩といえば、「第九」ですね。神奈川フィルハーモニー管弦楽団でも年末の定番となっている第九特別演奏会が、小田原と横浜で開かれます。

小田原公演は12月15日(土)、横浜公演は12月23日(日)に開催です。

音楽文化のより一層の普及、オーケストラの認知度向上を目指し、県内県内の各ホールで特別演奏会を開催しています。
神奈川県立音楽堂の暖かい音響、コンパクトな構造をいかした小編成オーケストラの演奏をお楽しみ頂く「音楽堂シリーズ」、親しみやすい名曲を本格的な演奏で楽しむ「名曲シリーズ」、夏休みに家族で楽しむ「夏休み名曲コンサート」、様々なジャンルと融合する「ポップス・コンサート」、そして年末の定番「第九演奏会」、神奈川県の新進気鋭の若手を紹介する「フレッシュ・コンサート」などを、神奈川県民ホールを始め県内各所のホールで開催しています。

【引用元】特別演奏会(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)

http://www.kanaphil.or.jp/Concert/tokubetsu_ensokai.php

この記事を印刷する