手で描いた絵のやさしさで、元気と前向きさを届けたい。湘南でアートを通したボランティア団体「湘南一歩会」が発足!被災地にアートを届けます。


被災者のペットの写真を基に「湘南一歩会」のメンバーが描いた作品/湘南経済新聞より

被災者のペットの写真を基に「湘南一歩会」のメンバーが描いた作品/湘南経済新聞より

東北被災地の方へのアートで心を届けようと発足したボランティア団体「湘南一歩会」。
「絵画を通して、描かれたものへの優しさを感じて欲しい。そして明るく元気に前向きになっていただければ」との想いで、湘南西脇画廊社長、西脇さんを中心に4名で結成されました。

ボランティアに賛同頂いたプロ・セミプロの方々が、ご希望の絵を色紙に描いて、被災地にお贈りしています。
また現在、ボランティア画家さんや、活動を支えていただける賛助会員さんを、絶賛募集中だそうですよ。

藤沢で7月に発足したボランティアグループ「湘南一歩会」(藤沢市鵠沼松が岡4、TEL 0466-22-5792)が8月より、東日本大震災の被災者に無償で絵をプレゼントする「アートメール便」活動を本格的に始めた。

同会で行う活動は、被災者の思い出の場所や家族、ペットなどの写真を基に、同会に参加する画家が色紙に絵を描き、被災者の元へメール便で送るというもの。作成は無料で送料は同会が負担する。絵画作成は、被災者本人、離れて暮らす家族などのほか、活動費や寄付に充てるため有償で被災者以外の人からの依頼も受け付ける(料金は小=600円、大=1,600円の予定)。

「色紙は持っているにも飾るにも、ちょうどよい大きさ。被災した方々が、少しでも明るく元気に前向きになってもらえたら」と西脇さん。「ゆっくり長く支援を続け、ゆくゆくは絵画ボランティアとして被災地を訪ね、絵を贈った方々と心の交流をしたい」

【情報源】
写真を基に描いた絵画を被災者に-藤沢のボランティアグループが無償で – 湘南経済新聞
http://shonan.keizai.biz/headline/1309/
▽リンク
湘南一歩会 立ち上げました。 – 湘南一歩会 (Blog)
http://bit.ly/pvD346

この記事を印刷する