救命索発射銃の訓練!防災の日だけでなく、日々の訓練なんですね!命をかけたお仕事、尊敬します!


救命索発射銃訓練風景

救命索発射銃訓練風景

救命索発射銃は、ライフル銃のような形をしている、圧縮した空気により、災害現場の状況に応じてゴム弾又は浮環弾を発射する機材です。
高所や水面など、孤立した場所に救命索のついた発射体(ゴム弾・うきわ弾)を発射し、救助ロープを張り救出したり、海などで人が溺れている時などにうきわを飛ばす時に使うそうです。

ゴム弾の最高射程距離は約90m、浮環弾の最高射程距離は約80mとのこと!
日頃の訓練が、非常に大切そうですね~。

投稿者:cityodawaraさん
投稿日:2011/08/09
場所:小田原市

この記事を印刷する