【動画】日本で初めて海水浴場が開かれたと言われる「大磯海岸海水浴場」で大磯海開き神輿渡御!


大磯町海開き2011

7月4日13時、大磯海水浴場の海開きで夏の恒例行事「神輿渡御」が大磯海水浴場で行われました。
2基の神輿が海中渡御を行いました。

投稿者:TheMikoshiさん
投稿日:2011/07/03
撮影地:大磯町

ちなみに、大磯海水浴場は、1885(明治18)年に開設されました。
当時の海水浴は、潮流で身体に刺激を与え海辺の清涼な空気を吸うことだったそうです。
泳ぐというのではなく、岩の所々に差してある鉄棒につかまり、海水につかっているだけだったそうです。

大磯(照ヶ崎)海水浴場は, 初代陸軍軍医総監をつとめた 松本順の尽力によって開かれた。
松本順は 徳川慶喜に仕えた 江戸城奥医師だった人で, 日本で初めて海水浴をはじめ, 海水浴の効用を説いた。明治10年過ぎに, 大磯・照ヶ崎海岸が適していると 強く推奨し 海水浴場の開設が実現した。
「海水浴場発祥地」碑の横には, 松本順の業績をたたえて 大きな「松本先生謝恩碑」 が建てられている。題字は 時の総理大臣 犬養毅 によって書かれた。
【情報源】
発祥の地コレクション/日本最初の海水浴場場発祥地
http://hamadayori.com/hass-col/culture/kaisuiyokujo.htm

この記事を印刷する