日本映画大学の佐藤忠男学長が「神奈川県立近代美術館 葉山」の「視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション」でゲストトーク


 2003年、神奈川県三浦郡葉山町の「旧高松宮家別邸」が生まれ変わって誕生した「神奈川県立近代美術館 葉山」をご存じでしょうか? 海岸沿いの抜群のロケーションで、自然光や風景を展示室に取り込む、ステキな美術館です。

 今回の展覧会は、構成主義の写真家、バウハウスの教師として知られるハンガリー出身の芸術家「モホイ=ナジ・ラースロー」(1895-1946)の全貌を紹介する日本で初めての個展。ゲストトークに招かれたのは、佐藤忠男さん。2011年4月に川崎市麻生区に創立した「日本映画大学」の学長さんです。

佐藤忠男氏(映画評論家/日本映画大学学長)によるゲストトークが7月9日(土曜)に行われます。
「視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション」の会場にて、佐藤忠男氏(映画評論家/日本映画大学学長)によるゲストトークを行います。

日時 2011年7月9 日(土曜) 午後2時30分~
会場 神奈川県立近代美術館 葉山 第4展示室

予約不要、参加無料(ただし展覧会の観覧券が必要です)

【情報源】佐藤忠男氏(映画評論家 日本映画大学学長)によるゲストトークが7月9日(土曜)に行われます。 : 神奈川県立近代美術館
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/public/HallNewsDetail.do?no=1308472071326&hl=h

 ちなみに、日本映画大学は、映画監督の今村昌平が開校した横浜放送映画専門学院を前身としています。横浜放送映画専門学院は、1975年4月に映画監督の今村昌平さんが横浜スカイビルに開校。1985年、学校法人神奈川映像学園が設立され、3年制の専門学校として神奈川県より設置認可を受ける。名称を「日本映画学校」と改称。1986年に川崎市に新百合ヶ丘駅北口に新校舎を設置し、移転しました。

この記事を印刷する