横浜市の名所 三渓園で早朝観蓮会~みてさわってハスを知ろう~体験型講座(7月16日~8月7日の土・日・祝日開催)


横浜 三溪園 - Yokohama Sankeien Garden -サイト子どもから大人まで楽しめるこの企画。ただ蓮を鑑賞するだけではなく、
蓮の葉っぱでお面づくりや、蓮のくきから糸をとる体験ができるのがユニークですね。
さらに、朝8時30分~抽選で20名様に栽培用の蓮の種をプレゼントしているそうですよ。

“花より団子”の方にオススメなのは、早朝限定メニューの「朝粥」(1,000円)。
赤だしや温泉卵、紀州梅干などがセットになっている早朝観蓮会の限定メニューで、
園内の茶店「三溪園茶寮」で食べることができるそうです。
早朝の静かな庭園を眺めながらの朝粥、たまりませんね~。

主役の蓮は今年も順調な生育ぶりで、午前7時頃に最も花が開き美しいそうです。

蓮の花は、明け方からゆっくりと開き始め、午前7時頃一番の見ごろを迎えます。
9時頃から再び閉じ始め、昼ごろには完全に閉じてしまいます。泥の中から
清らかな花を咲かせることから俗世間から現れた優れた人材にもたとえられ、
インドでは聖者の花、中国では君子の花といわれました。創設者 原 三溪が
とりわけ好んだ花です。三溪園では蓮が見頃を迎えるこの季節、早朝6時に
開園し、蓮を観賞していただきます。

■開催日
7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)、23日(土)、
24日(日)、30日(土)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日) …9日間

■開園時間 午前6時開園(~17時まで)
※合掌造や臨春閣などの古建物は9時まで雨戸を閉めた状態となります。

■料金
入園料のみで観賞できます(大人500円、65歳以上300円、小学生200円)

【情報源】
横浜 三溪園 – Yokohama Sankeien Garden –
http://www.sankeien.or.jp/

この記事を印刷する