横浜市の総合防災訓練、今年は瀬谷区で8月28日実施-県内初の米軍施設利用も約40機関が参加し大規模な訓練に


訓練会場の1つ・上瀬谷通信施設


写真の上瀬谷通信施設では、消防、警察、自衛隊、米軍、医療機関、地域団体などが連携し、倒壊建物からの被災者救出やヘリコプターでの物資搬送、仮設救護所設置など、大規模な訓練が行われるそうです。

訓練全体で、約40機関、4~5千人が参加する見込み。東日本大震災を経験した今だからこそ、防災訓練の大切さを実感できそうです。地域の人達とコミュニケーションを取るきっかけにもなりそうですね。

九都県市合同防災訓練の一環として8月28日(日)、瀬谷区で横浜市の総合防災訓練が行われる。

【情報源】
今年度は瀬谷区で実施 瀬谷区 タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0106/2011/08/18/114204.html

この記事を印刷する