横須賀で60基を超えるみこしや山車が練り歩く日米交流「みこしパレード」。日の丸と星条旗を掲げた「米海軍みこし」もお見逃しなく!


日の丸と星条旗を掲げた「米海軍みこし」(横須賀経済新聞より)

「よこすかみこしパレード」の開催時間は10時30分~15時15分。市内各所から集結した多数の神輿や山車が、横須賀中央駅前から中央大通りを練り歩く、迫力満点のイベントです。みこしは、ゲートを越えて米海軍横須賀基地内に入り、基地内のクレメント通りを通ります。

威勢の良い掛け声とお囃子が、基地内に響き渡る、日本の伝統行事とアメリカの雰囲気がマッチした横須賀でしか見ることのできないお祭りをぜひご覧ください!
お問い合わせはスカナビ(TEL 046-822-8301)まで。詳細は同サイトで確認できます。
▽横須賀観光インフォメーション「スカイナビ」
http://www.cocoyoko.net/mikoshi/index.html

横須賀中央で10月16日、日米交流の風物詩「よこすかみこしパレード」が開催され、市内各地から集まった60基を超えるみこしや山車が中央大通りや米海軍基地内をパレードする。今年で35回目。

当日は、市内75団体・約8,000人が参加。纏振込(まといふりこみ)、木やり、はしご乗り、手古舞(てこまい)、みこし38基、子どもみこし2基、山車28台、引き太鼓、屋形船などが横須賀中央大通りをパレード。日の丸と星条旗を掲げた米海軍みこしや海上自衛隊みこしなども参加。

【情報源】
横須賀で日米交流「みこしパレード」-米海軍基地も一部開放 – 横須賀経済新聞http://yokosuka.keizai.biz/headline/653/

この記事を印刷する