消防団員の子どもたち8人を「一日消防署長」に任命!厚木市マスコットキャラクターのあゆコロちゃんも一緒♪


一日消防署長の委託を受けた子どもたち/厚木市ホームページより

一日消防署長の委託を受けた子どもたち/厚木市ホームページより

厚木市の初の試み「一日消防署長」は、昼夜を問わず地域防災のために活躍している消防団員の子どもたちに、火災の予防を呼び掛けてもらい、地域や家庭での防火意識を高めようと企画されました。
選ばれた小学生8人と厚木市マスコットキャラクターあゆコロちゃんは、秋季火災予防運動期間中の11月12日「一日消防署長」として消防本部で訓練を見学した後、消防団車両に乗って火災予防を地域で呼び掛ける予定。
今年の秋季火災予防運動期間は、11月9日~15日。厚木市内の火災発生件数は71件(9月23日現在)で、前年比で20件増加しているそうです。空気が乾燥するこれからの季節、火災予防も心がけましょう。

厚木市消防本部は24日、平成23年秋季火災予防運動(11月9日~15日)の一環として、消防団員を家族に持つ児童8人と厚木市マスコットキャラクターのあゆコロちゃんを「一日消防署長」に委嘱しました。

緊張気味の子どもたちに委嘱状を交付した飯島悟消防長は「ことしは市内の火災発生件数が増えています。火の取り扱いの不注意や油断が主な原因です。消防署長として皆さんが市民へ呼び掛けてもらうことで、少しでも火災が減らせるようにがんばりましょう」と子どもたちの活躍に期待を込めて話しました。

【情報源】
火災予防に子どもたちの力を…:厚木市ホームページ
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/wadai/machi/d019011.html

この記事を印刷する