演劇を通して子どもと高齢者が交流する『鶴見ほっこり村』。小学生~80歳を超えるシニアまで一緒に楽しめるワークショップに注目!


鶴見ほっこり村ブログより

鶴見ほっこり村ブログより

横浜市鶴見区に、今年5月に誕生した「鶴見ほっこり村」。
地元鶴見大学2年の、松岡周吾さんが中心となって活動する、小学3年生の子どもから大学生、そして80歳代のシニアまで、幅広い年代の方々が「演劇」や「談話」を通して交流する地域コミュニティです。

「鶴見ほっこり村」では今までに4回のワークショップを行っており、その手法は「演劇」!
高校時代に、コミュニケーション能力向上のために劇団に入っていた松岡さんは、「演劇」という形は、世代を超えてコミュニケーションを取ることのできる素敵な手段だ、と思ったのだそうです。
現在の参加者は10~15人。「コミュニケーション」と「対話」を通した、世代を超えたコミュニケーションが実現しているそうですよ!

次回の「鶴見ほっこり村」開催は、9月4日(日)。ただいま参加者募集中です!
詳しくはこちらまで。

鶴見ほっこり村は、小学3年生の子どもから大学生、そして80歳代のシニアまで、幅広い年代の方々が「演劇」や「談話」を通して交流する、とても素敵な地域コミュニティです。
「インプロ」と呼ばれる即興から、本読み、ちょっとしたコミュニケーション・ゲームやレクリエーションを、毎月行っています。

鶴見ほっこり村へは、どなたでも、いつからでも、なんどでも参加できます。
鶴見区にお住みでない方も大歓迎です。
職員一同、あなたのご参加を、心よりお待ちしております。

【情報源】
鶴見ほっこり村 公式HP
http://hokkorimura.jimdo.com/
▽関連記事
“村”開設し、地域交流に一役 | 鶴見区 | タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0116/2011/04/28/103277.html

この記事を印刷する