猿島で日仏の芸術交流!第一回横須賀アートフェスティバル「海・呼吸・創生」-島の中に点在する現代アートをはじめ、ダンス、音楽など見どころ満載


横須賀アートフェスティバルポスター

第一回横須賀アートフェスティバル「海・呼吸・創生」が、11月3日~13日まで、猿島公園で行われます。イベントを主催する「アート交流船」は、横須賀をベースとした日仏芸術事業を現代そして未来へ引き継ぎ展開させる文化交流を行っています。

フェスティバル期間中、日仏美術家それぞれの作品と共に作家自身毎日来島。10月28日~11月2日までの公開製作期間中は、製作アシスタントとしての参加交流も可能です。また、パーフォーマーンスの各公演後のワークショップにも参加することができます。

◆パフォーマンス概要
会場:猿島公園内「海・呼吸・創生」の広場
演目:詩・ダンス・舞踏・音楽
実施日:11月3日オープニング、11月5日・6日・12日・13日
時間:午前の部:11時~12時30分 午後の部:14時~15時30分
お問い合わせ先:
アート交流船事務局 TEL:046-827-2036

第一回横須賀アートフェスティバル「海・呼吸・創生」 は、過去150年の日仏交流を現代そして未来へ引き継ぎ展開させる日仏芸術事業として、猿島公園の自然の中に於ける、現代美術の作品との相反する物の共存をテーマに、アート交流船により提案されたものです。横須賀が既にフランス、ブレストと姉妹都市であり、また開国においてフランスと深い関係性があったことにもプラスして、今回のアート交流の船 ”Yokosuka mon amour” は新たな取り組みとして位置づけるものです。

【情報源】
アート交流船ホームページ
http://pub.ne.jp/artkoryusen/

この記事を印刷する