秦野市に秋を告げる、名物「たばこ祭り」!でもなんで「たばこ」?実は…こういう理由なんです!


第64回秦野たばこ祭-HPより

第64回秦野たばこ祭-HPより

今年なんと、64回目をむかえる「秦野たばこ祭り」!
たばこ祭は、たばこ耕作者の慰労会として始まったといわれていて、第1回は昭和23年10月1,2日に、秦野専売支局収納場の敷地(現在はジャスコの敷地となっています)で開催されました。
昭和59年末に、秦野でのたばこ栽培は終わりをむかえましたが、たばこ祭りは市民のお祭りとして、今でも毎年盛大に開催されています。
火をイメージするたばこ祭を象徴するメインイベント「弘法の火祭」は、秦野市長扮する弘法大師が本町小学校特設ステージの大松明から採火、その炎を掲げ、水無川河川敷まで行列します。河川敷に映る炎は圧巻だそうですよ!

秦野たばこ祭~炎が舞い、光が奏でる~
9月24日(土)・25(日)10:00~19:00
会場:本町小学校校庭 / 秦野市役所西庁舎 / 秦野市役所本庁舎 / JAさわやか館駐車場 /  横浜銀行駐車場 / イオン秦野店駐車場 / 本町公民館

節電と震災復興応援!!
夏の電力不足に配慮して、開催時間を午後7時までとし、ちょうちん飾りも自粛します。また、案内所での義援募金箱の設置、応援メッセージを掲げる「らんたん巡行」や「メッセージキャンドル」など震災復興への思いを込めた事業を展開していきます。

【情報源】
第64回秦野たばこ祭-HP
http://www.kankou-hadano.org/tabakomatsuri64/index.html

この記事を印刷する