若干14歳の作家「水流添秀哉」が寒川町に誕生!処女作は「午前零時の恐怖」、行く末が楽しみな天才!?


佐藤秀哉君(14歳・ペンネーム水流添秀哉(つるぞえしゅうや)/タウンニュース寒川版より

佐藤秀哉君(14歳・ペンネーム水流添秀哉(つるぞえしゅうや)/タウンニュース寒川版より

 寒川町に住む14歳の佐藤秀哉君のペンネームは水流添秀哉(つるぞえしゅうや)。このたび、文芸社よりミステリー小説を出版したそうです!
興味津々で各通販サイトにアクセスしてみたところ…どこも売り切れでした。

シャーロックホームズや東野圭吾が好きという佐藤君。行く末楽しみな天才かも知れませんね!

ちなみに私は、小学生のころは江戸川乱歩を片っ端から読んでいました。
暑い夏には、ミステリーもいいですね!

 倉見在住の佐藤秀哉君(14歳・ペンネーム水流添秀哉(つるぞえしゅうや))がこのほど、処女作となるミステリー小説「午前零時の恐怖」を文芸社から出版した。 

【情報源】
14歳の作家が誕生 | 寒川 | タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0604/2011/08/05/113934.html

この記事を印刷する