鎌倉・由比ヶ浜のギャラリーで「写真家有人 石巻ボランティア チャリティ写真展」。本当に知りたい「被災地の今」ー被災者の素顔やボランティアの活動の様子


湘南経済新聞 フォトフラッシュより

湘南経済新聞 フォトフラッシュより


震災から4カ月。
メディアからは毎日、被災地の悲惨な状況や、復興に向けた取り組みの様子が報道されています。
でも私たちが本当に知りたいのは、メディアにのらない被災地のリアルな姿。

被害が大きかった宮城県石巻市。
神奈川でも、親戚や知り合いがいる人が多い地域と聞きます。

実際に有人さんがボランティアをしながら撮影された写真の数々は、私たちが今本当に知りたい、リアルな被災地の人々の様子をきっと伝えてくれます。
特に現地の人の笑顔には、こちらが励まされます!

「写真家有人 石巻ボランティア チャリティ写真展」は、鎌倉由比ヶ浜のギャラリー「寅堂」で、7月21日まで。

 鎌倉・由比ヶ浜のギャラリースペース「寅堂」(鎌倉市由比ガ浜2、TEL 0467-22-1503)で現在、写真家・有人(ありと)さんによる「石巻復興支援写真展」が開催されている。
 展示写真は、「被災地の凄惨(せいさん)な光景だけでなく、被災者の素顔やボランティアの活動の様子」を写したものが30枚ほど並ぶ。写真サイズはA3ノビ(33×48センチ)。

 「石巻で活動しながら1人のボランティアから見た被災地の姿を写している。報道写真とは違った切り口からこの災害を伝えられれば」と有人さん。「ここに写っている被災地の現状と、そこに暮らす人々のたくましさや温かさ、共に活動したボランティアの姿を通して、この震災を風化させず、継続した支援を呼び掛けたい」とも。

 開催時間は11時~18時。入場無料。7月21日まで。

【情報源】鎌倉で写真家・有人さんの「石巻復興支援写真展」-被災者の素顔切り取る – 湘南経済新聞
http://shonan.keizai.biz/headline/1283/

【参考情報】
▽石巻市でボランティア活動をする写真家・有人さん – 湘南経済新聞
http://shonan.keizai.biz/photoflash/693/
▽「写真家有人 石巻ボランティア チャリティ写真展」 鎌倉 寅堂
http://torado.jp/0708/
▽arito photography ‐ 写真家・有人
http://www.arito.com/page.html

この記事を印刷する